記事一覧

梅酒に使った梅の実、ジャムと甘露煮にリメイクする

今年の梅酒を作るため、2017年仕込みの梅酒を空き瓶に移しました。梅酒は醤油や牛乳の空き瓶に移し、残ったのは梅の実。昨年度は種から果肉を剥いで練り梅を作りましたが、エキスが出た後の出がらし梅から種をとる作業はなかなか根気を要しました。一瞬、このままコンポストに…なんて思いましたが1㎏1000円という青梅の価格が脳裏をかすめます。ここにあるのは、当時2000円分の梅…そのまま土に還すのは、あまりにモッタイナイ!貧...

続きを読む

2018年梅しごと。梅酒作りでゼロウェイスト貯金

我が家には梅の老木があります。20年前、隣に家が建ってからは年々元気が無くなって、私が家を出る頃には、1つも花が咲かないほどに衰弱。実家の工事の際、祖母がもう切ってしまおうと言ったのを絶対に切りたくないとお願いして残してもらいました。子ども時代の思い出の詰まった、大切な木です。その梅が今年、見事に大豊作を叶えてくれたのです。手前の洗面器内がそれで、重量はなんと1㎏超え!もうダメと思っていた木が、何事...

続きを読む

茨城のソウルフード、干し納豆を作ってみた

干し納豆、ご存じでしょうか。茨城出身の祖父母が昔から好んで食していたもので、納豆都市茨城のソウルフードとも呼べる逸品です。生の納豆とは違う、ポリポリした歯応えに、納豆の旨味がぎゅぎゅっと詰まったあの独特の味…最近出回っているフリーズドライやフライ製品は偽者!時間をかけて乾燥させた干し納豆は、味が全く違います。子どもの頃、祖母から干し納豆を分けてもらい、ほかほかのご飯に数粒乗せて食べるのが大好きでし...

続きを読む

塩蔵ワカメから食塩を取り出す

乾燥ワカメを切らさない我が家。先日、生活クラブのカタログ注文で、誤って塩蔵ワカメを購入してしまいました。その食感の良さには心底感動したのですが、ワカメにびっしりと振られた多量の塩に驚きました。パッケージを見ると、重量の3割が塩とのこと。3割って、ワカメと塩を購入しているようなものです。そこで思い出したのがこの本。九州の老舗料亭を実家にもつ魚柄仁之助氏の極限まで捨てず、素材を活かしきる料理の技の数々。...

続きを読む

アジの干物、骨まで美味しいゴミはゼロ

魚の干物、市販のものは大抵添加物が使われているため、大好きですが購入を控えていました。生活クラブでは塩だけで調味した干物が購入でき、味も超美味なので気に入っています。ただ、こだわりの材料なだけに値段もちょっと高め…例え骨やぜいごであっても、捨てるのはもったいない…夕食時に外した魚の小骨やしっぽ、あらゆる残骸をその場で揚げて骨せんべいにしました。干物の塩味がしっかり残り、実にうまい!子どもたちは骨の1...

続きを読む

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん