記事一覧

ゼロウェイスト旅行の試み!初回編

ゼロウェイストを決意してから一週間経った頃。
蛍の美しい川を子どもに見せたくて、信玄の隠し湯中川温泉に行ってきました。
ここは都心からのアクセスも良く、おたまじゃくしがウジャウジャ沸いて本当に美しい。

今回は初の試み!一泊二日軽自動車旅行で、どこまでゴミを減らせるか。自宅外でのゼロウェイストを実現すべく、私がピックアップした持ち物はこちら

🌟宿泊備品関連🌟
・フェイスタオル6枚
絶対にサービスタオルは使うまい
・日常使いの歯ブラシ四本
・ワセリン
・石鹸
・ガーゼハンカチ5枚
・布おむつ5枚
我が家の旅行定番品。顔からだ何でも拭くし、もちろんオムツにも。

🌟食事関連🌟
・特大ほうろうタッパー、プラスチックタッパー二つ
行きはお弁当と手作りクラッカーを詰め、帰りは買い物や子どもの採集品をしまう用途で使う魂胆

・ゼロウェイスト食事エプロン4枚
くたびれたタオルを折って縫ってゴム通すだけ!かれこれ3年は現役

・ステンレスコップ二つ
食器のプラスチックを排除して、リサイクルショップで300円で入手
・子どもスプーン二つ
・ステンレス水筒二つ

その他、
・特大エコバッグ。道の駅対策。
・オムツカバー。上の子車と夜用
・風呂敷4枚
普段はビニール袋に個人別にしまっていた衣類を、今後レジ袋のストックがなくなったときに備えて試してみることに

・紙オムツが入っていたビニール袋
川で濡れるから…念のため1枚


携帯した使い捨て用品は、紙オムツ15枚。あとは魚肉ソーセージを渋滞のぐずり対策で2本。ガソリン。

結果、削減できたゴミは…
・サービスタオル2枚
・歯ブラシ2本
・道の駅のレジ袋1枚
・現地のティッシュ

ウェイストしたものは…
・紙オムツ15枚
・宿の食事での竹箸二膳!
・ランチでの菓子パン袋3枚!
・ランチでの菓子パンを入れたレジ袋1枚…!

■考察■
事前にシミュレーションし予測できたゴミについては確実に削減できた。フェイスタオルは二回も温泉に入ると足りなかったけど、なんとか使い捨ては回避。

だけど…初歩的なミス。大人の箸を忘れていた!外食自体が超久し振りで、世間は使い捨て箸がメインストリームということをすっかり忘れていた。夕食で出た箸をリユースし、それ以降の食事に対応。

ただ、この箸なんと現在ムスメの箸として現役!ムスメの手に合わせてペンチでカットしたところ、一番のお気に入りに君臨しています。食洗機の使用にも耐えられるのは、やはり竹だからなのでしょう。

ランチは予定の店が貸し切りで入れず、他にどこもなくて現地の何でも屋で購入したもの。
車をどこに止めてご飯にしようとか下らないあれこれを考えていたら、うっかり!レジ袋を受け取ってしまっていた!
しかも、車で走り出してしばらくしてから気づくという阿呆っぷり。店に返すこともできず、本当に愚か者。
…恐らく、小さな買い物(道の駅のような、ガッツリした消費でない場面)でのレジ袋拒否のことを全く考えていなかったことも敗因。
もし、小さなエコバッグも持ってきていたら、こうはならなかったはず。

…失敗の多いゼロウェイスト旅行でしたが、活躍したのはホーロー容器!
宿は運良く部屋食で、多すぎるおかずとご飯をストック!おかげで鯛のかぶとを二皿分、ご飯は握って道の駅のゆかりをかけて、翌日のランチで美味しく頂きました。

ビニール袋はやはり濡れた衣類を仕舞うのに使用、でもバケツを積んでいけば不要になる。ホーローのおまるを持っていったんだからそこに入れてもよかったかな。

旅行は経験上紙オムツにしたけど、やはり全て布は私のキャパを越えてしまいそう。ホーローおまるをもっと活用できたらよかったな。ここは今後の課題。

振り返ると、削減できたゴミのなんとわずかなこと…
でも言えるのは、細かくシミュレーションして対策を確実に練れば、ゼロウェイスト旅行は実現可能ということ。

うっかり受け取ったレジ袋、人生最後とすることを固く誓います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん