記事一覧

ボロい靴屋の袋に代わる雨ガッパ専用バッグを作る

駅まで自転車で通うオットは雨ガッパの愛用者。
駐輪場で脱いだカッパを万一盗難されては困るので、
畳んで袋に入れ、電車の中まで持ち込みます。 
その袋が、2年前からずっと同じ、靴やさんのビニール!
年季が入ったビニール袋、新調してあげたいのですが、
ゼロウェイストを目指す我が家には、厚手のショップ袋は
そう簡単に家まで入ってきません。
この袋欲しいな、なんて、店舗で考えたら負けです。
かといって、このままみすぼらしい靴屋のショップ袋を
雨の度に使い続けるのは、あまりに気の毒。

そこで、レインコート持ち運び用の布袋を作ることに。
水を弾く布でなければなりません。
化繊は二度とリメイクしないと心に決めていましたが、
…やはり、ここは化繊にすがるしかない…
化繊は繊維がマイクロプラスチックとして飛散すると
知ったとき、大量に資源回収に出してしまいました。
在庫があるかどうか…




ありました!捨て忘れの化繊服!
妹の友人がくれたもので、ファスナーは座椅子カバーを
作ったときに外してしまいましたが、この分量なら、
トートバッグくらいなら難なく採れるでしょう。


繊維くずの飛散に注意しながらの裁断です。
断面は即座にライターであぶり、溶かして固めています。
ラグラン袖で身頃の布幅が小さかったため、
今回は袖を切り開き、前身頃の無地布を足すことに。
袖の2本ラインのおかげで、継ぎ目はさほど目立ちません。


ラインが中央に位置するよう気を付けながら、
歪んだ生地を裁断し、端をライターであぶります。
プラスチックが燃えるくさい煙が上がりますが、
ジグザグステッチより確実に端処理したかったので我慢。

余談ですが、画像に写っているまち針は私の自作。
縫い針や使い古しのまち針に、鈴をくっつけてあります。
落下時に音で位置が分かるし、針の外し忘れが防げて
うっかり者には痒いところに手が届くまち針です。



左胸のスポルディングのロゴが入ってしまいました。
しかも逆さまに。生地はギリギリでカットできません。


服のタグを外して縫い付け、目くらましを図ります。

このタグ、白く目立つ文字で"M"と書いてありました。
そのままではどう見ても洋服のタグ!
ばつが悪いので、油性マジックで塗りつぶしました。



愛用の雨ガッパもバッチリ収まりました。
生地が既にボロだったので、仕上がりもかなりボロ。
持ち手の芯として裏地のメッシュ生地を挟んだりと、
密かにゼロウェイストな工夫は満載です。
隣は酷使してきた靴屋の袋。
ようやく引退させられると思ったものの、
完全防水でないと電車に持ち込めないとオットの指摘あり
靴屋の袋に入れてから自作のバッグに入れることに…
今後使われなくなる可能性大です。
せめて靴屋の袋の保護材として活用されることを祈ります
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん