FC2ブログ

記事一覧

ド素人によるスーツの虫食い補修への挑戦!

かれこれ10年目に突入するオットのスーツに
虫食いが発生し、補修or購入の事態に陥りました。
穴さえ埋まればこれからも着たいとのオットの言葉。
以前なら迷わず買い換えを勧めていたでしょうが、
買い換えに費やす時間と店舗に2回も通う労力、
何より廃棄となるスーツのゴミを考えると、
何としても直して着用して頂きたい。
私が日頃直している衣類と比べるとスーツは高級品!
失敗したら廃棄!背水の陣で虫食い補修に挑みます!


まずは上着の裾の虫食い。
接着芯が虫食い穴から顔を出し、白く目立ちます。
穴は1㎜ほどの小さなものが2つ。
この位の穴なら、裏側から接着剤で別布を当てるだけが
一番きれいに仕上がるのではないかと考えました。

裏地のまつり縫いを最小限にほどきます。
裏地と表地の縫い代は1.5㎝ほどありました。
本来ならズボンから別布を切り出すところですが、
ズボンの裾をかがったりするのは億劫なので、
この縫い代から小さな布片を取り出すことにしました。

穴は合計6ヶ所なので、1㎝未満の布幅で横長に裁断。
こんな小さな布片を接着剤でくっつけたところで、使用中に剥がれて来ないか不安の残るところです。
ものは試しの補修、耐久力も含めてテストしましょう。

裁縫革命を引き起こしたボンド、裁縫上手を指にとり
裏側から張り付けてみました。

ハサミの先端部が補修箇所です。
カメラにはばっちり穴が写っていますが、
接着芯の白が隠れました。上着の裾なら合格。
これ以上いじらない方が良さそうです。

同様の処理で5ヶ所穴をふさいでいきましたが、
ズボンの膝、縦3㎜横2㎜の大きめの穴は失敗でした。
このボンドの弱点、乾くと白くなる性質により
穴からはみ出した接着剤が白く目立ってしまったのです。
これはまずい!

しぶしぶ、かけはぎに挑戦することに。
ズボンの裾から数本、生地の糸を引き抜きました。
途中で切れてしまい、長さはそれぞれ5㎝ほど。
NHKのプロフェッショナルという番組で見た補修の技を
記憶の底から掘り起こしながらの作業です。


縦横に糸を這わせ編んでいきます。
ヘリンボーンのように斜めの糸目が目立つ生地のため、
横糸は斜めに這わせました。
糸が短いので玉留めなし、縫いっぱなしです。

ここまで縫ったとき、引き抜いた糸の在庫が切れました。
これ以上攻めるとかえって穴が目立ちそうです。
多少白さは残ってしまいましたが、ここで中断。
当初よりは接着剤のはみ出しも隠れました。
膝だし、まあ良いでしょう!

ドキドキしながらオットに献上すると、
これなら許容範囲と継続着用の旨が通達されました。
やったー!
一時間で2パンツスーツのゴミと数万円削減の成功です!


密かにしんぱいしているのは、ボンド裁縫上手で固定した
小さな布片の耐久性…
子ども服のアップリケは、大体2年で剥がれ落ちました。
洗濯頻度こそ違えど、恐らく数年で剥がれてきます。
その時は全ての穴でかけはぎに挑戦してみよう。
腕を磨いて待つこととします。


スポンサーサイト

コメント

Re: No title

これテレビのプロのお直しやさんの真似っこ技です笑っ
同じ生地から糸をとれないときは、同じ時代に作られた布から抜くと良いと言っていました。時代ごとに使われる染料は変わっていくので、同世代の糸は相性が良いのですって。
ズボンの裾をほどいて、ぐるりと一周分糸を抜くことが出来れば、意外と気楽に補修出来そうですが…ほどいた後で縫うのが面倒ですよね。また同じスーツに穴を見つけたので、再挑戦する予定です(*_*)

No title

おお〜!糸を生地から引き抜くなんて発想!私には無かった〜!凄い!。そーですよね、同じ生地なら目立たないし。私も穴があいたら試してみます!

Re: No title

昔好きで見ていたテレビ番組で、職人さんが布の端から糸を引き抜くのを見て、なるほどーと思っていたのです。確かに外科手術ですね笑っ
ちょっと流行遅れになりつつあるデザインですが、ゼロウェイスターになってから流行は程よく無視できるようになってきました(^^)このまま定年までこのスーツを着られるか、太ってリメイク候補となるのか…ちょっと楽しみです。

No title

やりましたね!スーツの補修!
スーツなんて高価ですし、他にまるっきり傷みがないのにほんのちょっとの穴だけで買い替えなんて勿体ないことにならなくて何よりです。 
それにしてもつぎはぎ用の布や糸を目立たないところからちょっぴり取って来るその技も、まるで顔の傷を手術するときに太ももの内側(多分)の皮を取って来て行う外科医のような、、素晴らしい、、、。笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: