記事一覧

オットの靴下の穴を耐久力を上げつつ時短で補修する

数年前購入のオットの靴下が一斉に傷を負い始めました。
去年の秋から、もう5足5ヶ所は穴を埋めています。
オットの場合、傷を負うのは常に足首からかかと部分。
広範囲にすれて薄くなり、終に穴が開くというパターン。

ビジネス靴下の補修対決!ミシンVS手縫いの記事で
穴埋めを施した靴下を2ヶ月履き続けたものを比較すると、
手縫いで編み込むように補強した靴下(画像下↓)は、
縫い糸と靴下本体の境界部分が磨耗してきている印象。

大きめに補修したとは言え、数年来の弱った生地に、
伸びない糸が縫い込まれたことでダメージが加わり、
近々新しい穴があいてしまいそうな気配です。

一方、上の画像のようにあて布をつけて補強した方は
ミシンも手縫いも双方危なげなく延命できた模様。
履き心地もごわつきなく申し分ないそうです。
耐久性と時短を兼ね備えた靴下の補修は、
手縫いで当て布つきという結論で良さそうです。
今回の穴の補修は、その作戦で行きましょう!



かかとに見事に開いた1㎝大の開放系ダメージ。
前回はこちらを糸で編み込むように縫いましたが、
今回は晩飯時故、時短目的に縫い閉じてしまうことに。


穴の上下をかがるように縫い閉じました。
ここまでの作業は1分未満!

周囲の補強を兼ね、直径4㎝のニット生地を縫い付けます。
ほつれ止めに周囲をかがってから、
傷口部分をまず最初にぐるりと囲いました。
当て布の横幅がもう少しあった方が頑丈にできたかも。
当てたのは、直前に子ども服リメイクで生まれたハギレ。
靴下の中に入れているのは、子どものリンゴのおもちゃ。
補修仲間のゼロウェイスターさんのブログで紹介されていた、
ダーニングマッシュルームの形に似たものを探しました。
いつもは円柱のコップを入れていましたが、
これ、持ちやすくて良いです。




続いて、リブの縦目縦に沿って手縫いし周辺を補強。
作業時間は占めて15分!あっという間に終わりました。


完成後の裏側はこんな感じ。
洗濯で裏返しになっていても、クスッと笑ってしまう
マヌケで可愛い姿に変身!

表側からは、ほとんど傷が目立ちません。
今までの中で一番キレイな仕上がり。
これで耐久性さえ良ければ言うことなしです。
靴下を買いにいくより楽チン。
ゼロウェイスト、万歳!

それにしても、靴下の穴の開きかたは奥深い。
いつも同じところから穴があくのだから、
きっと当て布で先行補強をしてしまえば、
労働力的にもコスパが良いのでしょう。
同じハギレが複数あるので、そのうち元気な靴下にも
当て布をつけ耐久力テストでもしてみようかと思います。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

マッシュルームにも用途によってサイズやカーブが色々あるみたいで、たくさん集めているひとのサイトを見てきゅんとしましたよー!リンゴもなかなかつかいやすかったのですが、中で動かないよう持ち手のある形がベストなんでしょうね。チルルさんのお陰でまた楽しくなりました♪

Re: No title

きゃすぴえさん、
なるほど、サイズが小さいと引っ張られて常にテンションがかかるから、痛みやすいかもしれませんね。薄くなる系の補修を編み編み方式で補修すると、ものすごく時間がかかるので当て布おすすめです!
オット、恐らくかかとをきちんと合わせないでずらして履いているのではと思います。履き方指導からしなければ…

No title

おお〜オモチャのリンゴですか〜。使いやすそう!。そーですよね、時短も大切!。時短なのに綺麗に補修されていて、さすがだ〜!と思いました。
先に補強は良いかも!。検証楽しみです。

No title

うちの夫もかかとが広範囲に薄くなる系です。なので、つぎはぎなんか無理だわー、と思ってましたが、ぽこ33さんの仕事を参考にやってみようかなと思います。
私は昔は靴下、親指のところが穴が開くタイプだったんですけれど、最近は日本で男性用の靴下を買ってきたのをずっと使っているんですが、それらは全然穴があきません。私の足のサイズは25、5センチで、日本の女性ものだときついので、ひょっとしたら穴が開くのはきつめだったせいなのかな、と思うようになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん