FC2ブログ

記事一覧

化繊大好きの私が天然素材にシフトした理由

アイロンかけなくてもシャキッと立ち上がり、
くしゃくしゃに丸めてもシワにならない夢の素材。
ポリエステル。
軽くて薄くて、石鹸で洗うと防水性をもつ暖か素材、
フリース。
私は半年前まで化繊大好き人間でした。
とある記事を読むまでは。

世界各国の水道水にプラスチック繊維が混入しているという驚愕の調査結果。
ゼロウェイスターのあさんのブログで知りました。
水道水にもペットボトルの水にも、
ビールにも砂糖にもハチミツにも。
パリでの調査では、大気中に毎年3~10トンもの
プラスチック繊維が降り、それは家内にもあるそうな。

水になぜプラスチック繊維が混入するのか。
詳細は不明だそう。
でも、プラスチック汚染はポイ捨てだけが原因ではない。
着ている衣服の繊維くずが剥がれ落ちたり、
洗濯によって下水に流される。
合成繊維のくずも立派なマイクロプラスチック。
一回の洗濯で70万ものマイクロプラスチックが発生し、
これらは下水処理も通過して海へ流されます。
貝が、魚が汚染され、食物連鎖で濃縮されて食卓へ。
なんてこと!
これ、プラスチックを食べているようなものじゃん。


この記事をきっかけに、私の化繊断ちがスタート。
まず、極力化繊のリメイクをやめようと思いました。
布を裁つと目に見えて繊維くずが飛散しますが、
あまりに小さく、回収することが難しいからです。
リメイク用に蓄えた大量の古着をリサイクルショップに、
売れないものは資源ゴミに出すことに。


続いて、アクリルの毛布やフリースの膝掛けなど、
化繊の寝具を3枚、天然素材に入れ換えました。
ウールや綿の毛布は叔母に不用品を譲ってもらいました。
化繊の寝具と比して少し重くなるものの、
静電気が立ちにくく、睡眠の質は格段に向上。


寝具の次は、子どものぬいぐるみ。
ぬいぐるみのほとんどはフェイクファーや合成繊維で、
頬擦りしたり噛みついたり、直接口に入るのが心配。
こっそり回収しては、リサイクルショップへ。
お気に入り5つを残すのみとなりました。

最後に、日常使いの衣類。
これは、最後まで迷いました。
私は冬場はユニクロのヒートテックという化繊肌着に、
裏地がフリースのあったかズボンを愛用。
化繊無しでは冬を乗り切れると思えなかったのです。

ものは試し、寒さをしのぐ基本は重ね着です。
デニムの内側に、祖母のお下がりのシルクのパジャマを
重ねてみました。
なんと、充分でした。充分暖かいのです。
これでよいではないか。

その日から、日常衣類の化繊絶ちも始めました。
パジャマは春物の綿素材を二枚重ね着することに。
内側1枚を洗濯すれば良いので、一日で乾くため
予備は不要です。
ヒートテックのババシャツは防災備蓄に回し、
薄手の綿のシャツを重ね着することに。
デニムの下には滑りの良いシルクのパジャマ装用が
冬の定番となりました。
同時に、毎年悩んでいた皮膚の乾燥とかゆみが
全くなくなりました。
石鹸を止めても無くならなかった肌の乾燥ですが、
私の場合は合成繊維との摩擦も原因だったのかも。

こうして、タンスからオシャレ着の一部を除き
化繊を徐々に処分していきました。
今や私は静電気に苦しまない、帯電しない女です。
化繊人間だった頃の私に教えたい。
化繊は便利と引き換えに、多くを奪っていたのだと。
目の詰まった上質な綿布はシワになりにくいことを。
環境に配慮した選択は、自分に優しいということを。


今後は日常着として化繊は入手しないと決めています。
アウター、ブラ、ストッキング、靴、靴下を除いて…
これらは純天然素材はほとんど見かけません。
あ、鞄や水着、アウトドア用品もキツいかな…?
例外だらけですが、化繊が減れば少なくとも屋内の空気は
確実にキレイになっていくはずです。
せめて、子どもだけでも守りたい。
家庭内が汚染の現場になるなんて、あまりに可哀想です。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

チルルさん、
我が家も山盛りですよ!ブラに靴下にワイシャツにカーテンにぬいぐるみにベストにアウターに…レディースのデニムは綿だけのものを探すの結構大変ですしね。
新たに家に入れるときは化繊は入れないと決めたので、少しずつ減っていくはずです。
困っているのは、ミシン糸!小さな欠片が気を付けても散ってしまうのですが、買い換えるのも勿体ないし…業務用の太巻きを使いきるまでがんばります(;_;)

Re: No title

本当に、何を選んでも、現代の商品は犠牲にしているものが大きすぎますね。書きながら、天然素材とはいえコットンも問題を抱えているし、難しいなぁと思っていました。2年前に購入した無印のオーガニックコットンのシャツも、2シーズンでもうボロボロ。せっかくのオーガニックの糸も、雑に扱われてもろい布にされたら結局消耗品です。何かが間違っていると思います。新品を買わないと言う選択肢に私も共感です。
衣類も食物も、全て何かの命を代えたものと思うと、今あるものを大切に使うことしかできませんね。

No title

おお〜大切な話し忘れていました!。今家の中を見渡すと化繊だらけなのです。カーテン、キッチンマット、洋服や毛布。子供の頃はウールの毛布で安全でした。今あるものだけでお腹いっぱいの化繊生活です。ん〜悩みますね〜。

No title

ヴィーガンとしては、とても悩ましい話題です。
天然素材の方が化繊よりも優れているし、プラスチックゴミの点でも、化繊はできるだけ避けたいのですが、冬の防寒着で動物性のものを避けるとなると、化繊なしには生きていけません。あちらを立てるとこちらが立たぬ、、、です。
この点は、なるべく同じものを長く使い続ける(新品にお金を出さない、消費しない、ゴミにしない)ことでダメージを抑えることしかできませんが、同様に、今持っている動物性衣料も長く使い続けることで、新しいものの消費そのものを抑えたいと思ってます。
また、綿は栽培に使われる農薬が加工段階で働く人たちの健康や、ひいては消費者の健康にも悪影響があると思うと、ますます安い衣料品は不安、でも高いブランド品でも実際は同じようなものだと思うとそれも不安、、、中古品が一番だなと思うようになりました。
それにしても、靴下ってなんで化繊があんなに入ってるんでしょうね?化繊の弱点は匂いがつきやすいことだと思うので、靴下に化繊、ってちょっと納得いかないんですけど。笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: