記事一覧

中古衣料からリメイク!姉妹のお出掛けワンピースを作る

新品大好きの義母上とお出掛けに行くことになりました。
打合せの電話の最中から、子どもに服を買ってやりたいと
繰り返し仰っています。
末ムスメにはお下がりが沢山ありますが、
確かに姉ムスメの手持ち服は少し窮屈になってきました。
優しい義母上が見たら、きっと新品を購入したくなる。
子ども服も倫理的に、ゼロウェイストに乗りきりたい私。
お出掛けの現場に合わせて、お嬢さん風ワンピースを
リメイクで二人分用意することにしました。


左はおくるみ。お下がりのお下がりで我が家が3代目。
染みはありますが、生地は超上質な一級品。
末ムスメのワンピの上半身ならギリギリ作れそう。
姉ムスメの上半身は、祖父の放出した古着。
多分数回しか着ていないと思われるポロシャツ。
スカート部分は、妹の知人からリメイク用に頂戴した
カラシ色のサーキュラースカート。
子ども好みの、回るとふわりと広がるシルエットが
既に出来上がっている、リメイクに最適な資材です。
子ども服は原色が多いですが、こんなシックな色味も
個性的で素敵なはず。やってみましょう!



まずは姉ムスメのワンピースの上半身から。
ポロシャツのワンポイントを避けて裁断しました。
フリルのテープはおくるみから剥ぎ取ったもの。
手首のリブはそのまま使います。
ふんわりたっぷりした袖口がお嬢様風になるかしら。

やっちまいました。袖と本体裏表を間違えてやり直し。
脇の下に2ヶ所穴を開けてしまいました。
そのまま続けます。

襟のリブにフリルを挟み込んで完成。
裏側がちょっと見苦しいですが、脱がなきゃバレない!

このスカートも、ゴムをじかに縫い付けてありました。
目分量で適当な寸法でカット。
既に円形に生地を裁ってあるスカートなので、
尺を縮めたらそのまま円形スカートになるはずです。


続いて、末ムスメの上半身をおくるみから裁断。
型紙を置いてみると、ほんとギリギリでした。
上身頃と下身頃の間の2㎝の隙間は、襟のリブになる予定。


肩に縫い付ける伸びどめテープは、祖父のパジャマの
薄い小さなハギレを使って代用。
小さなゼロウェイスト。

スカートを縫い付けたら形になってきました。
姉ムスメの方はギャザーを寄せたスカートを
上身頃に重ねましたが、ミシンの縫い目が目立って汚い。
末ムスメの方はタックスカートにしました。
姉ムスメの方は、面倒なのでやり直しません。

子どもたちと相談しながらの装飾を検討。
この工程が、手作り服の工程で一番好きな時間。
作るときに出たハギレの大きさや手持ちの材料を広げて
女三人あーだこーだ話し合います。

子ども服の装飾は、事故につながります。
動きが活発で驚くような隙間をすり抜けうとするので、
リボンや紐がドアに挟まったり、フードが引っ掛かって
時には窒息事故に繋がることも。
市販品は装飾や紐は規制の流れになっていますが、
手作りなら、すぐに取れるように加減できます。
しつけ糸やミシン糸の残りで、2回軽く縫うだけにして
力が加わったらすぐに取れるようにしました。


完成です!末ムスメの方はちょっと襟ぐりが大きくて
ゴムを入れて調整しています。
子どもが装飾のリボンをオモチャにしてしまい、
何個も縫い直しました。

バックには小さめのリボンを。
もっと大きくしたいのですが、重さと安全面を考慮すると
この大きさが限界かな。

バックのリボンは、ベルト通しのパーツをそのまま流用。
ものすごく手軽に作れました。


姉妹おそろいの服は、子どもたちも嬉しいようです。
普段は姉ムスメのお下がりで足りてしまうので、
末ムスメに新しい服を作る機会がほとんどありません。
あるものを活用する、そうすると必然的にお下がりに
なってしまう末ムスメの衣服。
シーズンに一着くらいは、作ってあげたいと思いました。
もちろん、ゼロウェイストにリメイクで。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

きゃすぴえさん、
最近、子どもをあえてリメイクの工程に巻き込んでいこうと思っています。きゃすぴえさんのおっしゃるように、物を大切にし、自分で作ろうと思う習慣をつけてほしくて…そうなるかしら?将来が楽しみです(^^)

ニット用の伸びる糸にレジロンというのがあって、本にはレジロン糸と先の丸いニット用の針で作りましょうと書いてあるのですが、私は針を変えるのが面倒で普通糸でやってます。
ミシンの中には伸縮縫いという縫い方(ジグザグステッチの両側を直線縫いで挟んでるみたいなステッチ)がついているので、伸びた方が良いところは伸縮縫いを使います。が、それも面倒で普通に直線縫いのことも多いです。ミシン目を細かくすると糸切れにくいです。
子どもの首回りなど、良く伸ばされるところは、縫い終わったら一回グイッと引っ張ってあえて糸を切り、切れたところを重ねて縫い直すという荒業もやったりします。結構機能します笑っ

ニット生地の裁縫は普通の布と縫うときの感覚がちょっと違いますが、縫い方のアラが出にくくきれいに仕上がるので、慣れると本当に愉しいですよ!

Re: No title

マモさん、それを聞いて私も嬉しくてにやにやしてしまいました(^^)
マモさんのお母さんも、喜んでる子どもを見て幸せだったんでしょうね。リメイクだと生地に制限があるので、何歳までお揃いに作れるかなぁと思いながら作業しています。マモさんのコメント見て、今のうちにお揃いたくさん作っておこうとやる気が出ました!

Re: No title

チルルさん、この服を作りながら、針触っちゃダメー!とか、ハサミあぶないー!とか、子どもたちを叱りまくっています…良い母とは対局です(;o;)でも、楽しいしやめられないんですよねーお裁縫(^^)
写真、たくさんとってきます!着られるのなんて半年か一年くらいですものね‼自作の服の写真集とか作ってしまおうかしら(^^)

No title

姉妹でお揃い、嬉しいでしょうね〜。しかも飾りをつける時にお母さんに希望を言えるなんて、ただ完成品を渡されるよりももっと嬉しいですよ。お子さんたちもそうやって手作りが身近で、物を大切にする人たちに育っていくんでしょうね。 

ところでぽこ33さんはニット生地をミシンで縫うときに何か特別なことしていらっしゃいますか?ニット用針を使いニット用糸を使うと言うのはわかるのですが、ニットって伸びるから、ミシンで縫うとビヨーンとしてしまいそうで(表現力が乏しくてすみません)Tシャツ類の古くなったのは全部雑巾にしてるんですが、縫って何かにアップサイクルできたら素敵ですよね。

No title

2歳違いの姉とお揃いのワンピースを母が作ってくれとても嬉しかったこと覚えてます。娘さん達も大きくなって自分の子供たちに手作りしてあげるお母さんになるでしょうね。

No title

可愛い〜!。とても上手ですね〜。子供の時に洋服を作ってもらうと、大人になって良い思い出になりますよね〜。素敵なお母さん、お子さん達幸せです。着せて写真を残して下さい。何歳になっても見れるのも幸せだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん