記事一覧

失敗!ひいおじいちゃんのパジャマから子どもワンピを作った

89才の祖父母は物のない時代を生きぬいただけあり、
絶対にモノを捨てません。
捨てるのは誰の目から見てももう使えなくなった物だけ。
ゴミにしない精神は素晴らしいのですが、
経済成長の影響ももろに受け、手に入れるのが幸せ。
祖父も祖母も着きれないほどの古着を、ここ数十年で
恐ろしいほど溜め込んでいます。
変色していても、破れても、気に入らない服でも
祖父母にとって服は財産なのです。

その負の財産を切り崩す存在が、我がムスメたちひ孫です。
私がリメイクに命をかけていると知った祖父母は、
溜め込んだ衣類を回してくれるようになりました。
祖父母がかつて買った衣服は、布の質も縫製も
今の量産品とは全く違う上質なもの。
たしかに、これらは財産です。


このパジャマ、襟は激しく変色し肩は擦りきれ
祖母が何回も繕った跡のある、祖父のお気に入り。
薄くて透けるさらさらの生地なのに、しっかり織ってあり
シワになりにくいツヤツヤの綿100素材。
青のストライプ、私の大好きな生地です。
これで春物の子ども服を作ったら可愛く快適でしょう。
89才のパジャマから、3才の110サイズの
スモックワンピースを作ることに。


ワンピースともなると縦も横も生地がギリギリで、
損傷ある前立て部分も使わないと幅がとれませんでした。
今後は成長とともに益々リメイクが難しくなります。

ラグラン袖を合わせてみたら、布がずれています。
角が1ヶ所、激しく飛び出してしまいました。


つじつまを合わせるためにカット!
大丈夫、ギャザーを入れたら分かりません!

このスモックの型紙、襟にフリルがついているデザイン。
このフリルが気に入ったのに、もう余り布がありません。
変色した襟や前立ての一部からしか取れませんでした。
酸素漂白剤と石鹸で煮洗いしたら、変色も取れるかな。

3枚仕立てになった襟を解体します。
中は接着芯の代わりに、ハリのある薄手のさらしが
ただ挟まれていました。
接着芯がなかったころは、こうしていたのか。


本体の襟に縫い付けました。
襟のパイピングが可愛いので改めてつけ直しましたが
これが後にがっかりを生むことに…


完成したワンピース…パジャマにしか見えません!
大きな外しやすそうなボタンに、襟のパイピングが
パジャマ感を醸し出しています。
パイピングを残したせいで、チャームポイントの
襟のフリルが硬くなり、いまいちフリフリしません。
繊細な艶のある生地で可愛いワンピースになるはずが、
これはどう見てもパジャマ!
私のセンスでは、パジャマはパジャマが限界だったのです


先のは後ろ姿で、こちらは前のデザイン。
襟の変色がものすごーく目立ちます。
完成を待ちわびていた姉ムスメ、
パジャマ作ってくれたのね!とごもっともな一言。
もう普段着は諦め、パジャマにすることにしました。
パジャマ感満載のポケットを移植し、完成です。
どうせパジャマなら、袖丈もっと長くしておけば…
裁断から苦労に苦労を重ねたのに、がっかり。



後日、せめて襟の変色を落とそうと、
大きな鍋に粉石鹸と粉末の酸素系漂白剤を入れ、
グラグラ煮立たせました。
パーフェクトとはいかないまでも、
かなりきれいになり、使用に違和感ない程度にまで
変色を落とすことができました。


私の隣で、ハギレを拾っていたムスメに布団針を与えたら
リボンーと言って布の団子を作りました。
ムスメの初手芸作品です。
ボタンとマスクのゴムを縫い付けて腕輪にしたら、
踊り狂って大喜び。
ゼロウェイストで安上がりな我が子に感謝です。
そのうち、カードゲームとか言い出すのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

カードゲームとかテレビとか、誰かの考えたことに楽しませてもらうのもいいけど、自分で作る喜びを知って欲しいですよねー!!
子どものころっておままごととか、料理にあんなに関心があったのに、大人になると料理なんて…と思ってしまうのはなぜなのでしょう。子どもには料理への苦手意識とか植え付けずに、うまいこと料理好きに育てたいものです笑っ

No title

お母さんの真似をしたい時期ですね〜。凄く可愛い〜。そーやって色々と作るお母さんを見ていたら、カードより面白いものを娘ちゃんが見つけ出すかもしれませんね〜楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん