記事一覧

【時短リメイク】サイズアウトした子どものワンピースをスカートにする


ミシンを愛すあまり着きれないほどの服を量産し、
布と時間の無駄、収納圧迫を激しく悔いたのが2年前。
私がうきうきと子どもの服を用意していた時の感覚は
まさに人形の着せかえ遊びに興じる子どもそのもの。
いい大人が人形遊びさながらに我が子を着飾る、
自分自身の中に潜む幼さと強い欲にぞっとしたのです。


それ以来、過ぎたるは及ばざるが如しをモットーに
我慢して我慢して、最小限を縫うよう心掛けてきました。

しかし、今の私はその考え方を悔いています。
ちょっと大きな服を、ちょっと先取りで用意しておけば、
じっくり悩んで作る楽しみを満喫できたのに!!



突貫工事で用意できる服を、とにかく1枚でも多く!
リメイク待ちの布の山からひっぱりだしたのが、
このボーダーのドッキングワンピース。
買い物好きの義母上が、
「襟ぐりがすぐ伸びそうだけど使い捨ててー」と仰った、
GAPの綿100ワンピース2着。
義母上のご指摘通り、ワンシーズン持たずに襟が伸び、
あろうことか襟のリブは布端が露出しています。
私でさえやり直すレベルの粗悪な縫製。
子ども服は良いものならきちんと次に回せるのに、
この服は消費者に使い捨てを求めて作られています。

…ただ、この服のスカートは丁寧に作られていました。
もうサイズアウトしたこの服ですが、
いつかこのスカートに上半身をつけ、
再びドッキングワンピにしたいと思っていました。
しかし、なかなか良い組み合わせが思い付かず、
このままではスカートもサイズアウトしてしまいそう。


上半身をカットされた状態で数ヵ月放置していましたが、
さあ、時が来ました!
ワンピにするなんて難しいことを考えるのは止め、
姉妹お揃いのスカートにしましょう。
上半身のボーダーを長めに残してカットしておいた
5か月前の私、グッジョブ!
このボーダーの布をウエストベルトにすれば、
もうそのままスカートとして穿けそうです。



ボーダーの布端にジグザグミシンをかけました。
完成を急ぐあまり布を引っ張りすぎたようで、
布端が激しく波打ってしまいました。
アイロンでごまかしながら裏側に2つ折りし、
裏側からミシンをかけます。

細目のゴムを2本入れるため、ウエストベルトの中央にも
ミシンを走らせます。
ウエストは着脱時にぐいぐい引っ張られるので、
ミシンは布を引き伸ばしながら縫いました。
専用の糸を使わず普通の糸を使って縫っているので、
布が縮んだ状態で縫うと糸が切れてしまうからです。

太いゴムではなく細いゴム2本を使うのは、私のこだわり。
・伸縮性が高く子どもの力でも引っ張りやすい
・ゴムが多少きつめでも苦しくなく、文句が出ない
・洗濯の乾きが断然早い
・ゴムの入れ換えが楽!
・太いゴムは高級、細いゴム2本の方が安い!
と、子どもにも私にも良いことづくめ。

肝腎の縫い目は表に返すとガタガタはみ出していますが、
トップスを着れば目につかないところ、気にしない!



制限時間一時間で、ここまでの作業時間は30分。
ガーリーなデザインを愛するムスメたちのため、
余った時間で昭和のハギレ屋でゲットした、
1m40円の桁数違いにも思える激安レースを
裾に飾ることにしました。
叔母や祖母から譲り受けた手持ちのミシン糸から
一番生地となじむ糸を探しました。
悩んだときは暗い方の糸を選べと聞いたことがあります。
選んだのは一番左の糸、我が家に唯一のコットン糸です。




レース柄の出方を表から見ながら、ミシンで叩きます。
1㎝の余裕をもって裁断したはずが、
縫い付けてみたら縫い代も2mmあるかのギリギリでした。
レースは端処理を省いたら、なんだか解れそうな気配が…
後日ジグザグミシンで処理するかもしれません。


ミシンを出して仕舞うまで、制限時間内に完成しました!
リメイクはもとの縫い目を利用すれば
時間も手間も大幅に削減できるので、やめられません。
ワンピの時は着丈が短く膝が丸見えになっていましたが、
スカートにしたことでウエストの位置が下がり、
膝が隠れる長め丈のスカートになりました。
これなら、あと2年着られるかも!

末ムスメにはお下がりがあるため、服を買うことはおろか
作る機会もほとんどありません。
今回、姉ムスメとお揃いのスカートに大歓喜し、
得意げにクルッと回って見せてくれた姿を見て、
なんだか胸が締め付けられる思いでした。
いつも姉ばかりで、ごめんね。
こんな突貫スカートでも、喜んでくれてありがとう。

姉ムスメに長く着られる大きめ服を作って、
お下がりに回せない位ボロボロに着倒し、
妹にもその都度服を作ってあげられたらいい。
それでも、ボロボロになった服をリメイクして、
また妹に着せようと思う貧乏性の私なのだけど。




その昔、これをワンピに再生しようとしたときの記事がこちら▶
裁断したまま眠っていたベビー服のハギレで子どものワンピースを作る


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん