FC2ブログ

記事一覧

ハギレ屋の生地400円分で子どものブラウスを作る

急成長した3歳の姉ムスメの子ども服が不足中。
室内干しの洗濯物の乾きも悪く、
多少米がこびりついていても洗濯を見送る日々です。
大急ぎで、何か着られる服を用意したい!

【中古】 a sunny spot 女の子のまいにちの服 Heart wariming life series/村田繭子(著者) 【中古】afb
先日、こちらの本を中古で購入しました。
形の可愛さに加えて幼児が自分で着脱しやすい服が多く、
親子の摩擦を減らしてくれる点で秀逸。
簡単そうなパターンから何か一着…と思っていたら、
姉ムスメが選んだ服、贅沢ギャザーに前開きボタン仕様!
その複雑さに唖然とするも、姉ムスメは譲りません。
しょうがない、激安40円レースと同時購入した布で
自分を奮い立たせてやってみましょう!


1m600円の激安ですが、薄いのに張りがある良い布。
黒で汚れが目立たず、砂場遊びもOKで長く着せられそう。
私はこの布、ソレイアードだと信じています。

新品の布を使用しますが、ゼロウェイストな工夫も。
チャコペンを切らしてしまったので代用品を探したら、
何と色鉛筆が使えることを発見!!
明るい布には鉛筆、濃い布には色鉛筆、
色鉛筆なら、30色から選び放題!
もうチャコペンを買わなくて済みそうです。


第二のゼロウェイスト・ポイントは接着芯。
市販品を使わず、生地の裁断時に出た小さなハギレと、
薄手の古シーツで代用、小麦粉と水で作った糊でペタリ。
乾くと糊付けしたシャツのようにパリッとして縫いやすく
後から縫い代部分の芯を剥がすのも容易です。


第三のゼロウェイスト・ポイントは、しつけ糸。
以前何かを作った時に引き抜いたしつけ糸と、
今回のギャザー寄せで引き抜いたミシン糸を使用。
木綿は生産時にものすごく沢山の農薬を使うそうです。
糸はハンドメイドに必須だけど、大切に使いたい。


古着から外した手持ちのボタンを漁ってみると、
5つ揃うボタンが数種類しかなかった!
1つは、祖母が何かから外した金メッキのメタルボタン。
もう1つは、私の服のグレーの大きめなプラスチック。
並べてみたら、古いハギレ屋の布と古いボタンは好相性。
目新しいボタンは浮いていました。
祖母のお陰でボタンもゼロウェイスト!

このあと、人生初のボタンホールに挑みましたが、
ミシンのボタン専用押さえはなぜか使えず、
ものすごく苦労して手動で作成することに。
作った穴にボタンが通らず、穴を拡張すること10回!
穴も私もボロボロです。
これまで、メイクで既製服のボタンホールを流用し、
極力ボタンを避けていたのが裏目に出ました。


ものすごく苦労して、フリル袖丸ヨークブラウス、完成!
型紙作りから8日間これに費やしました。

丸いヨークは合わせにくいし、ギャザーはぐるっと一周、
ボタンホール5つと、苦手な作業のオンパレード。
あきらめなかったのは、この布が好きだからです。
400円分の新品布よ、ありがとう!


一番苦労したのは、この第二ボタンホール。
3枚重ねの布でボタンが通らず何回もやり直し、ボロボロ。
ボタンホールの処理で既製服の縫製レベルが分かると信じ
買い物の時は必ずチェックしていましたが、
その基準もあながち間違いではなかったようです。
…自分のボロボロホールを見ると。

ボタンは縞模様があったので、縦横交互に配置。
遊んだつもりでしたが、縫い付けミスに見えるのが哀しい
ボタン糸は柄に合わせたグリーンで、古めかしく。



この服を作る決意をしたのは、重ね着が出来るから。
今作れば、長袖を重ねて秋まで3シーズン着られます。
下に重ねたのは、私の肌着からリメイクしたパジャマ。
着替えさせるのが面倒な時、これを羽織らせれば
そのまま外出も可能というずぼらな母にも優しい設計。
苦労したのですから、とことん活用しましょう。


いつもはおだてないと試着すらしないムスメですが、
今回は完成品を引ったくるように着てくれました。
残念ながら第二ボタンは自力で通せませんでしたが、
自分で選んだ布、選んだデザインで満足げ。
お願いだから6シーズンは着用してね。


しかし、もうボタンは懲り懲りです。
リメイクで既製服のプロが作ったボタンホールを
活かす方に徹しようと堅く決意しました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: