記事一覧

小さな子どもに2サイズ大きな服を着せるための工夫

姉ムスメが生まれた時、数ヵ月前に買った服でも
あっという間に着られなくなる成長速度に驚愕しました。
子どもはすぐに汚ひ着し替えが何枚も必要なのに
着用期間は短く、キレイなまま着倒されることもなく
サイズアウトする服たちを見るのが苦痛でした。
成長の度に服を探すのも、忙しくてしんどい。

いかに大きめサイズをストレスなく長く着せるかが
私のここ数年のテーマだったように思います。
買うからには、穴があくまで着せたい。
そこまで使い尽くしたい。



そんな執念のこもった90サイズのレギンス。
当時80㎝の姉ムスメに買い、
裾を5㎝も折り上げてミシンで縫い、はかせていました。
その後年子の末ムスメがそのまま着用していましたが、
この春、ついに縫い目を解くときがやって来ました。
なんと、レギンスの股部分には小さな穴が。
穴が開くまで着られた…非常に感慨深いです。



世間的には服が小さくなったら成長を喜ぶ所でしょうが、
あいにく私はケチの変態ゼロウェイスター。
着倒すまで活用できなかった買い物は失敗です。
このズボンは私にとってまさに勲章!
もちろん穴を埋めて裾をほどき、今後も使います。
側にあった同じようなTシャツ素材のハギレを切り、
穴埋めに没頭します。



穴の周囲も痛んでいたので、今回は渦巻き形に補修。
穴はチクチク手縫いで刺繍のように色をつけました。
色味が違いますが、内股で目立たない!大丈夫!


裾を伸ばし、ついに90サイズに戻して完成!
今回は裾を折り返してサイズダウンさせていましたが、
着用期間が長くなると折り目で色褪せたりすることもあり
最近はこの方法は採用していません。
代わりに、ズボンの裾の縫い目からゴムを通して
裾ゴム仕様にして穿かせる方法を最近は多用しています。
縫わなくて良い分楽です。



こちらは渾身のドケチ技、80cmのムスメに
100サイズのレギンスを穿かせていたときのもの。
白いテープをズボン裾4ヶ所に縫い付けました。
白いテープの中に強めのゴムを通し、シャーリングに。
ゴムを短くして裾をくしゅくしゅさせたデザインを装い
子どもの成長に伴ってゴムを伸ばしていきました。
くしゅくしゅしたデザインも可愛らしく、
我ながら貧乏臭くない裾上げだったと自負しております。
3年前に買って以来、一年中穿いているこのズボン、
今まさにピッタリサイズ。
近々この綿テープを外して、普通のレギンスに戻そうかと
考えている所です。


小さくなった子ども服を大きくなるよう加工するより、
大きな子ども服をサイズダウンする方が容易ではないかと
近頃考えています。
しかも、急に大きくなっても慌てて服を仕立てたり
買いに走ることなく、自宅ですぐに対処できる。
なかなか楽です。

私の理想は、お下がりに回すのをためらうくらいに
「その子の代」で着尽くすこと。
そうすれば、姉ムスメにも末ムスメにも平等に
好きな服を作ってあげられる。

子どもの服も、ちょっと足りないくらいが
ちょうどいいのかも知れません。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

チルルさん、
2番目の常にお下がり問題は、やっぱり気持ちのわかる女同士としてはちょっと気の毒ですよね?ゼロウェイストと単純に両立させられないところです。
我が家は子どもの年が近くてワンサイズの差なので、それなら長く着せる工夫をしてそれぞれに新しいものを用意するのが一番かな、と思っています。新しいものと言っても、リメイクか中古で決して新しく無いのですが笑っ

Re: No title

きゃすぴえさん、
> ジーンズの裾の黄色い糸とそれに連れて布地がちょっと吊れてるジーンズ特有のあの裾
あの感じ、デニムに特有ですよね!私もお下がり&裾上げで育ったので、既製品のあの感じへの憧れ、分かります!!
お母さま、小学生の間ほぼ裾上げでのりきられたのですね!!すごい!きっと継ぎ当ても何回もなさったのでしょうね。私も頑張ろう、と妙な決意が沸いてしまいました笑っ

No title

綿テープでシャーリング!凄く良いアイデアですね〜。ぽこさんさすがです!。お子さんに平等に好きな洋服が買える。これ嬉しいですよね〜。私は次女なので、いつもお下がりで。お揃いの洋服だと、いつまでも同じものを着る。だったので洋服を新調してもらえる時は嬉しかったですね〜。

No title

子供の頃の洋服、そう言えば私のズボンもかなり大きめなのを、裾をずいぶん上げてはかされていたような記憶が、、蘇ってきました!笑 ジーンズの裾を上げないままではいた記憶はなく、成長が止まった高校生くらいの頃に買ったままの長さのジーンズの裾の黄色い糸とそれに連れて布地がちょっと吊れてるジーンズ特有のあの裾(この説明でご理解いただけるでしょうか)あのままで履けることに感動した記憶があります。
あ、コメントが自分の恨み節になってしまいましたが、、、それもこれも、ぽこさんと我が母の共通点ゆえのこと、、お許しください、、、いやいや、娘さんたちはきっとぽこさんの創意工夫にあふれた可愛らしい裾あげやシャーリング的サイズ絞りに文句は一切ないはず。(母の裾上げは、7歳から11歳までという成長激しい期間をまたぐものすごい裾上げだったので)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん