記事一覧

ゼロウェイスト的・手作り納豆大作戦① 覚え書き

プラスチックごみの減量を決意したものの、この1ヶ月のプラスチックゴミは減少どころかやや増大している。
今までは捨てていたプラスチックも、徹底的に洗ってリサイクルにまわすようになったからだ。
自治体では燃えるごみにするよう指定されている納豆パックも、そのタレも洗うようになり、納豆大好き一家の発泡スチロールゴミはゴミ箱を圧迫している。
ちなみに、納豆パックは重曹を振りかけるとあらあらスルッと綺麗になる。

このゴミ、なんとかしなくちゃ。

そこで納豆手作り。意外とたくさんのブログで納豆生産者が見つかった。うちの茨城のばあさんも、昔は藁でつくってたとのこと。
ポイントは滅菌と保温らしい。

活力なべ、戻し汁3カップ投入して7分。そのまま食べてちょうどよい固さだった。次回は10分にしてみよう。
滅菌は活力なべの隙間に器材をつめこんでみた。今回はガラスボールと一石二鳥クッカーなる圧力なべの内鍋を使用。

問題は保温。できれば電気は使いたくない。
当初は生協の通い箱である発泡スチロールを使用したが、プラスチック臭さに閉口…これは絶対、身体に悪い。
方針転換。保温は鍋に熱湯をはり、そこに蓋をした一石二鳥クッカーをうかべ、その上にガラスボールを重ねることにした。上から綿毛布ぐるぐる巻き。

七時間後、鍋の湯は完全に冷めていた。周りにはたちこめる納豆臭!

どちらも粘りはあるものの、状態はまるで違う。ガラスボールはほどよく乾いた大豆に良い粘り!上に被せたキッチンペーパーが湿気を吸着したようだ。
一石二鳥クッカーは水蒸気でふやけたようで水っぽく粘りも弱め。あわててキッチンペーパーを底に敷いて水気を切ってみる。
 
鍋に浮かべる方法は湿度が高過ぎるかも。今度はお湯を張った鍋を容器の上に置いてみることにした。

問題はキッチンペーパー。6枚も消費してしまった。ザルの上で発酵させたり、アイロン滅菌した手拭いで代用できるか?でも、滅菌失敗してしまったら失敗納豆が大量のウェイストになってしまう。悩ましいところ。ゼロウェイスターのみなさんはどうしているのかなぁ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

月別アーカイブ

ほうもん