記事一覧

【時短リメイク】レディスTシャツを裁断せずに3歳に着せる方法

外遊びにも上着なしで出られる季節になりました。
さて、3歳の姉ムスメ、汚しても寛大でいられる
外遊び用の服がサイズアウトしていることに気づきました
やはり、白やオレンジの明るい服ばかりでは
砂場遊びも心穏やかではいられません。
20180420061714855.jpg

そんな用途にちょうど良い古着をキープしていました。
妹の親友から2年前にリメイク用にと譲ってもらった服。
日本製の結接ニットで肌触りは極上!
汚れも受け止めるアースカラーに、
子どもの好奇心をくすぐる鮮やかな蝶々。
これは間違いなく砂場遊びの汚れにも耐え、かつ、
カワイイもの大好きな姉ムスメのお気に入りになる!


2018042006292686f.jpg

古リサイクルショップで購入した姉ムスメの一張羅で
サイズを検証します。
襟ぐりは広いものの、肩のズレは1㎝未満。
襟ぐりをゴムで縮めれば肩幅は問題なし!
裾もチュニック丈としていじらずに済みそうです。
20180420063354ff6.jpg

袖丈は13㎝ほど長いのですが、ゴムを入れればOK!
バルーン袖のようになって、それはそれで可愛いのです。
これなら、一切裁断せずに、袖と襟にゴムを通すだけで
一着できあがりそうな予感!



201804210612188f8.jpg

まずはゴムを通すための入り口を作ります。
首と袖のリブをリッパーでほどき、
端を手縫いで縫い止めます。
ゴミになる切れ端のミシン糸で縫い、ゼロウェイスト。
ほどいたミシン糸は、小さくても立派なプラスチック。
屋内でマイクロプラスチックを飛散させないよう、
漆の裁縫箱の蓋で出来るだけキャッチ!


化繊の衣服から出る繊維くずは、自然に還らず有害です。
こちらのサイトが分かりやすいです▶
マイクロファイバー汚染を減らす15の手段


20180421062103dfa.jpg

袖口にゴムを2本通すため、ぐるり2周ミシンがけ。
伸びない普通糸で縫うので、念のためジグザグステッチに。
ゴムを1本通すだけなら、ミシンは不要です。
ただ袖口にゴムを通せばOK!

201804210625197a7.jpg

襟にもゴムを通します。
ぴったりサイズの服と同程度の開きになるよう、
ゴムの長さを調整します。
ゴムの結び目を穴に押し込んでしまえば、
もうゴムを通したことなんて外からは分かりません。

2018042106273202f.jpg

襟に1本、袖に2本ずつゴムを通しました。
裁縫箱を漁ると、1本半端な長さのゴムを発見。
何かからほどいたものと思われます。
せっかくなのでもう1本同じ長さのゴムを用意して…
20180421063006ef4.jpg

両裾に縫い付け、くしゅくしゅさせてみました。
前後の印代わりに、半端なコットンレースと
ワイシャツのボタンを縫い付けてあります。
…どちらも、無いほうが良かった感じがありますが、
ほどく方が面倒なのでそのままムスメに与えました。
案の定、チョウチョに惹き付けられて即試着!
普段リメイクは私や曾じいちゃんの可愛くない柄ばかり。
女子向けの甘い柄は文句なしに魅力的なようです。


レディスの細身服ゆえ、一切裁断せずにゴムを通すだけで
子どもが着られる一着が出来上がりました!

我が家の子どもパジャマは、ほぼこのパターンです。
ふんわりゆとりあるシルエットで、
成長に合わせてゴムを入れ換えるだけでずっと着せられる
超ゼロウェイストなリメイクだと自負しております。
ミシンがなくても簡単、仕上がりまで5分!
袖にもしっかりゴムを通すことが裁断無しの秘訣です。
大人になるまで着られる(!)お手軽ゼロウェイストな一着
ぜひお試しあれ!


同じ方法で作ったパジャマの過去記事▶
リメイク!着倒したTシャツから子どものパジャマを作る

同じ方法でパジャマをサイズダウン
5分でリメイク!ゴムによる伸びきった子ども服の救済とサイズダウン
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

チルルさん、
捨てたくない、買いたくないのドケチ根性がゼロウェイストと出会って、リメイクに拍車が掛かっています笑
団子虫って捕まえやすくて楽しいんですよねー!娘さん、団子虫収穫の達人だったんですね(^^)嫌がらずに許容してきたチルルさん、素敵です!子どもの行動はできるだけ口を出したくないと思っているのですが、毎日抑止ばかりしています(..)私も寛大に団子虫受け入れる母になりたい…
きっとお嬢さんもチルルさん同様、発酵を自在に操る菌の女王になれますね(^^)

No title

ぽこさんのリメイクを見る度、あー昔に知っていたら〜と後悔します。
勿体無いことばかりしていた事を反省するばかりです。
お砂場は汚れるし、でも遊ばせたいし、でスモッグを着せていたりしたのですが、夏場は暑いし。最初から汚れてもイイぞ〜!と私もリメイクをすれば良かったですね〜。そーそー砂遊びは大切らしいですよ。色々な菌に触れることは抗体を作るらしいのです。娘が大学で教わってきました。
我家の娘は手で握りしめ毎日幼稚園から団子虫を連れて帰り庭に離していて〜我家の当時の庭は大量に団子虫が繁殖してしまったのですが、虫を触って菌に触れたコトも良いそうで〜娘に感謝をされました笑。団子虫の繁殖力の凄さを私は学ばせてもらいましたけど、柔らかい葉の植物は常に食べられちゃっていました笑。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん