記事一覧

義母上から受け継いだ肩パット服を、着る。

義母上が生前整理に熱心になっています。
私がリメイクに魂を捧げていることを最近知った義母上、
婚礼ダンスを丸々処分し、独身時代の着物やら喪服やら、
貴重な中身を色々譲ってくださいました。

15252866160.jpeg

そのなかで、ちょっと困ってしまったのがこちら。
しっかり厚手のパットが入った、バブル期の服。
亡き義父が、義母に似合うと買ってきてくれたもので、
オットの入学式にも着た、取って置きの服だったよう。
捨てるのはもったいないから、よかったら着て欲しいと
先月私に託されました。

正直、厚手の肩パットに、ロマンチックな薔薇、
着るのはかなり厳しいと思いました。
素材もポリエステルでリメイクには使えません。
これは私には似合わないとやんわり伝えても、
素敵だ、着てちょうだいと義母上は大喜び。

義母上は断捨離を通して、20年経ってようやく、
義父の死に向きあおうとしていることを感じました。
試着した私に当時の思い出を嬉々と語る義母上に、
要らないとは言えませんでした…
内心困惑しながらも、ここはひとまず受け取って、
ボタンや装飾だけでも活用させてもらおうと帰宅。


15252865710.jpeg

ところが、肩パットと薔薇のモチーフを外すと、
なかなか素敵なのです。
生地には折り目で薔薇の柄があしらわれ、
どう見ても私の手持ちブラウスよりモノが良い。
試着してみたら、いかり肩の私にぴったりフィット。
袖のカフスを着用時に折り込めば、レトロであり新しい。

この服を私のクローゼットに収めることにしました。
手持ち服がカジュアル過ぎて、フォーマルにも使える服を
欲しいと思っていたところだったのです。
パットとパーツを外すだけで、こんなに変わるとは。
まだまだ修行が足りません。

デパートの婦人服担当だった義父の見立ての良さと、
亡くなって20年以上経った今でも義父を思っている義母、
二人の気持ちを受け取り、背筋が伸びる思いです。

今度会ったとき、ちょっといじったこの服を見て
義母上はどんな顔をするかしら。
外した薔薇をムスメたちのヘアゴムにして、
みんなで活用しているところを見たら、
愚痴ばかりの義母上もきっとニッコリ笑うに違いない。


断捨離が大流行の今の時代、
古いモノ、使わないモノは邪魔者のように言われがち。
でも、大切に扱われたモノには魂が宿る。
そして、ここでの役目も終えたモノでも、
次の役目を与えられるかもしれない。
安易に捨てるに走らず、次の場所を探すことで、
その思いも受け継がれていく。
義母上のブラウスからモノが持つ大きな力を実感しつつ、
そうして、我が家にまたモノが増えていきます…。

スポンサーサイト

コメント

Re: No title

チルルさん、
パットを外すだけでこんなに雰囲気が変わるものかと、今回はとても驚きました。ファッションには流行があるけれど、自分主体で着たいものをえらんでいくという、自分軸の視点の重要さを再認識です(^^)モノを受け継ぐって、良いものですね。以前チルルさんのブログにあった、おじいさんの細長い置物の話を思い出します。

No title

素敵なお話ですね。着て行かれたら義母上さま、きっと喜びます。
上品だし、着心地良さそうだし、色々なシーンで使えるものって助かりますよね。これからお子さんの入園式や入学式などなどに大活躍ですね。ちょっとジーンとして嬉しい楽しいブログ読ませて頂きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん