記事一覧

洗濯物削減計画!家庭内ダウンサイクル

洗濯物の削減…実はこれまで考えたこともありませんでした。

きっかけはこちらのサイト。
ゼロ・ウェイスト・ホームの翻訳者服部雄一郎氏の「ゼロ・ウェイスト・ホームへの道
インドでは水が貴重なのですね。
本当は日本でも貴重です。
水資源は世界の人々と分けあっているのですから。
でも、有利に水が使える日本の環境しか知らず、あまり考えてこなかった私。

私もやってみよう!
そこで考えたのが、洗濯物ダウンサイクルです。

我が家の場合、一番多い洗濯物は布オムツ。
布オムツになったら最後、洗濯するしかありません。
布オムツは、日常的に体を拭いたり、こぼした水を拭いたり、お手拭きになったり、時に食器を拭いたりと至るところで使用されます。
そうして一度使用され、まだ汚れの程度が大したことのない布オムツを、使い回すことにしました。
タオル用途で使った布オムツを、ハンガーに引っかけて乾かします。
その後は畳んで、布オムツに!
ダウンサイクルの布オムツは、分かりやすく収納してその日のうちに消費します。少し汚れていても、せいぜい二時間程度子どものお尻にあてるだけです、大丈夫!
1日に20枚ほど布オムツをつかいますが、そのうちの6枚程度、3割がダウンサイクルで賄えるようになりました。

同様に、入浴後のキレイな体を拭いたタオルも、私の中ではキレイなタオル。
こっそり、オットがメインで使用している洗面所のタオルハンガーに戻します。
オットが使用した後はびしょびしょになるので、洗濯はその後でOK.!
洗濯前に、ついでに洗面所の床をぬぐいます。
ほどよい湿り気でばっちりホコリを吸着。水に濡らす手間が省けます。

涼しい日に着用した衣類ももちろん救済です。
救済服は、夏場は一週間以内に活用してその時は洗濯することを基準としています。
子どもと私は服が少しずつミニマル化してきたので、大体は三日以内に着用されます。

洗濯物、減りましたね!
布オムツは毎日洗っていますが、週一回ほど手洗いで賄える日ができました。
洗濯機を使うよりも、手洗いの方が石鹸の量は圧倒的に少ないです。
たらいに石鹸を入れると、子どものすばらしい撹拌力で驚くほど汚れが落ちます。

布オムツあるあるだと思うのですが、
天日で乾かした布オムツって、パリパリごわごわしてきませんか?
このダウンサイクル布オムツは、一度使って柔らかくなっているので、とても肌触りが優しいという付加価値も発見しました。


私たちが洗濯をすると、衣類からは色落ちもするし、洗濯くずも出ます。
製品に使用された有害な化学染料や、化繊の服の洗濯くずから出たマイクロプラスチックは、洗濯により川や海に流入するそうです。
プランクトン・魚・貝が摂取し、体内に蓄積し、いずれ私たちや子どもたちの食卓に並びます。

化繊も色物をリフューズするのが一番良いのだろうと思うのですが、リサイクルショップで見つけるのはなかなか大変。私にとって「持続可能な」アクションではなくなってしまいます。

ひとまず、洗わずに済むものは洗わずに使う、というのを自分なりの基準としました。

洗濯ダウンサイクル、
家事の一部を手放す大義名分ができました。
他にもダウンサイクルできるものは?
ちょっと違う目線で生活を眺めるのも、また面白いものです。

#ゼロウェイスト 
ぜひ一度手にとって読んでください。ゼロウェイスト百科事典です↓

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

月別アーカイブ

ほうもん