記事一覧

自分仕様にリメイク!中古ポロシャツをサイズダウン

COACHのトレンチコートとの出逢い以来、リサイクルショップ巡りが趣味になっています。
過去記事:リサイクルショップ戦利品!ゼロウェイストの神様が降りてきた!


今回のリメイク素材はポール・スミスのポロシャツ。リサイクルショップで980円でした。
前の持ち主もかなり気に入っていたようで、しっかり着込んであります。
ただ、生地がとても優秀と見えて、まだまだ着られそうです。

試着してみるとすこし大きめだったのですが、
リメイク前提で購入しました。

完成画像です。


脇をそれぞれ1.5cm、計6cm詰めました。
お直しはあまり経験がなかったのですが、
図書館で借りたこの本のおかげで、初めてでも所要時間10分で簡単にできました。
裾の破れやジャケットの袖詰めなど、あらゆるお直しが分かりやすく記載されていていて、とにかくやってみたかったのです。


手ぬいでできちゃう!服のお直し


まず試着してどのくらい詰めるかを決め、
詰め幅を左右で割ります。

脇下~裾にかけて、なだらかなカーブになるようにガイドラインを引き、ガガッと縫います。
チャコペンを切らしているのでチョークで代用…



袖口のリブが少し伸びかけていたので、
伸びどめを兼ねてゴムを縫い付けました。
黒の平ゴムを、少し引っ張りながらリブの黒いラインに添って内側から縫います。
柄のおかげで目立ちません。



だぼついたウエスト部分もすっきりしました。
詰めた布地は切り落とさずに。
次のリメイクで生地が足りなくなったら不便なので、ちょっとした保険です。
この生地伸びやすそうなので、ひょっとしたら脇詰め第二段が開催されるかもしれません。



蛇足ですが、私の新しい裁縫箱です。
蒔絵の書道箱だそうで、漆ブームの私の好みど真ん中。
ポロシャツと同時に買ったもので、御値段980円!
古い裁縫セットは罪庫布と古着のファスナーから作ったものなので、また生地としてリサイクルします。

中古品ショッピングって最高。
新品購入と00桁が違うので、
自分がお金持ちになったような錯覚が楽しめます。
蒔絵の漆工芸品、一目惚れで買っちゃったわーなんて
私には新品ではあり得ない世界。
ムダなものは増やさないように、そこだけは気を引き閉めつつ
あーゼロウェイスト・ライフって楽しー!

#ゼロウェイスト #セカンドハンド #リメイク



ベアジョンソン氏の著書にも、中古リメイクのコツが書いてありました↓

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん