FC2ブログ

記事一覧

【ゼロウェイストな自由研究】粉石鹸とお湯で固形石鹸を作る

連日体温以上の炎天下、夏休み突入です。
インドアな毎日を過ごす子ども達にオススメの工作を、
ひとつ提案させて頂きたいと思います。
大物の宿題、自由研究を片付けてしまいませんか?


【粉石鹸とお湯だけで固形石鹸を作る】

15317889940.jpeg

粉石鹸に少しずつお湯を足して練るだけです。
どの比率でもちゃんと固形石鹸になりますので、
テキトーで問題なし。
これを素手やしゃもじで練り合わせるだけ。
私は4歳と2歳の子どもと、お風呂場で行いました。
今回はハッカ油とローズマリー精油を加え、贅沢仕様に。



15317924050.jpeg

混ぜたらつぎは形成です。
ハンバーグを作る要領で空気を抜き、好きな形に。
今回は混ぜた時に水分が多すぎて手にべとべと付き、
ちょっと不格好になってしまいましたが、
少し乾かしてから手でなでつけてやると、
ある程度整うので大丈夫。
べとべとする時は粉石鹸を追加すると扱いやすくなります

型に入れたり、型で抜いたり、動物の形にしたり、
もう好きなように楽しく作ればOK!
我が家はねば塾の石鹸よりも大きな大きな石鹸を
お風呂用に作っています。

作ったあとはお皿やトレーで乾燥を。
乾いたらきれいに剥がれるので、ツルツルした面であれば
クッキングシート等敷かなくてもOKです。
我が家は漆のお盆で、エアコン前で乾燥。
数日経つとカチカチのお馴染みの石鹸になります。

画像の縦長のプラスチック容器は、
スティックのりサイズのリップクリームの空き容器。
襟汚れに塗る際に、手を汚さず便利に使えるのではと
実験的に作ってみました。


注意点は、使用する粉石鹸を【純石鹸】にすること。
石ケン素地99%などと記載されているものです。
炭酸塩や漂白剤等が入っているものは衣類用石鹸なので、
肌に使うことができません。
反対に、石ケン素地以外に何も混ざっていないものなら、
洗濯用の石鹸であっても肌に使用可能です。
私はシャボン玉石鹸スノールを使っています。
コーティングはしてありますが、紙包装です。

店によっては近所でも取扱いがあるかもしれません。
最近、生協でもプライベートブランドの純石鹸を
売り出し始めました。


【自由研究に発展させるためのアイデア】
ここまでは、自由研究といより、工作。
これでも充分自由研究として認可されますが、
さらに研究を深めるためのアイデアを紹介します。


①そもそも、石鹸はどのように作られるのかを調べる

手作り石鹸でお馴染みの、苛性ソーダから作る方法を
調べるのもよし、工場でどのように作られるのかを
調べるのもよし。
ちなみに、工場ではまず石鹸をペレット状に粉砕し、
それに水などを添加して練り上げて固めることで
固形石鹸を作っているそうです。
まさに、今作っているのと同じ製法!
固形石鹸より粉石鹸は安いのは、そのためでしょう。

②合成界面活性剤と、天然の界面活性剤の違いを調べる

一般的なシャンプーやボディソープと、石鹸の違いは?
どうして、天然の界面活性剤を含む石鹸の方が、
合成のものより肌や自然に優しいのか。
掘り下げると面白いと思います。
より深めるために、石鹸水と合成洗剤に種を浸けて、
発芽実験をするのも良いかもしれません。
石鹸水と合成洗剤の水では、発芽率も生育率も違うそう。
この実験をすれば、なぜ合成洗剤が環境に悪いのか、
自分の目で確かめることができます。

③石鹸以外の、天然の界面活性剤を探してみる
米ぬか、野菜の茹で汁、磨ぎ汁…
探してみると、天然の界面活性剤はキッチンにたくさん。
見分けるポイントは、かき混ぜたときに泡立つもの。
これが天然の界面活性剤のサインだそうです。
茹で汁等を使って食事の後片付けを手伝ってもらうのも
なかなか良い研究テーマになると思います。

④店舗やメーカーと交渉
粉石鹸を置いていない店舗で、なぜ環境に優しい粉石鹸を
取扱わないのか、その理由を聞いてみる。
または、プラスチック袋の粉石鹸を販売するメーカーに、
なぜ環境汚染の問題が深刻なプラスチック包装を
あえて使用しているのか訊ねてみる。
これも立派な自由研究のテーマになると思います。


自由研究は、夏休みの宿題の中で唯一好きなものでした。
7月の間に自由研究だけはちゃちゃっと終わらせて、
宿題の事なんて忘れて遊び狂ってください。
後の宿題は、8月の最後の数日にテキトーにやれば大丈夫。
実際に、宿題はやったかやらないかが大事なのであって
中身はテキトーで良いのです。
そんなことより、今しかない夏休みを有意義に…
自分一人の時間が欲しくてたまらない女の独り言でした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: