FC2ブログ

記事一覧

私が鍋でご飯を炊く理由。炊飯器より手軽で美味しい鍋の魅力

中学生の頃、調理実習で鍋で米を炊いたとき、
その美味しさに心が震えたのを覚えています。
将来、自分で米を炊くようなった暁には、
絶対に炊飯器を使わずに鍋で炊く大人になりたいと、
14才だった私は固く心に誓いました。


しかし、家を出てまず買い集めた家電の1つに、
炊飯器もちゃっかり入っていました。
ズボラな私はパッキンや蓋の裏側、蒸気吹き出し口を
掃除するなんて発想は全くなく、
あっという間にベトベトになり、閉口しておりました。

中学の頃憧れていた大人像とはかけ離れた生活を送る中、
あの原発事故が起こってしまいました。
人間の手には負えないモンスターの力にどっぷり依存し、
当たり前に生活してきたことを悔やみましたが、遅い。
何ができるか、どうしたら原発を非難できるか。

夕飯時に何回か実施された計画停電をきっかけに、
私は鍋でご飯を炊くことを決めました。

使ったのは、当時愛用していたティファールの鍋。
ネットで検索すると、はじめチョロチョロ~なんて
面倒なことは一切なく、沸騰するまで強火で良いと。
驚くほど簡単に、ご飯は炊けました。
しかも、短時間で、安物の米粒が立ち上がる驚き。
その後ふた月ほどで炊飯器が故障してしまったとき、
私は炊飯器を買わない決断をしました。
代わりに、炊飯用の良い鍋を買おうと。
炊飯器は安くても一万、鍋は一万で高級品が買えます。
鍋は何でも作れるけど、炊飯器はせいぜいケーキ程度。
米を炊くという基本機能のレベルの高さに加え、
圧倒的な清掃のしやすさも鍋炊飯の魅力でした。




現在、私は2つの鍋を炊飯用にしています。
ひとつ目は、当時炊飯器の代わりに購入した、
ハリオの炊飯用土鍋。


鍋でご飯を炊いてみて困ったのは、火を消すタイミング。
注意の容量が極度に狭い私は、
台所で作業しながら沸騰するタイミングを見計らうのは
至難の技で、よく期を逃してコンロをふきこぼれで
派手に汚していました。
この土鍋を購入した決め手は、レビューの良さと
沸騰したら笛の音が鳴るという機能。
弱々しく控えめな音ではありますが、
この音が鳴り始めて1分経ったら火を止めるという
シンプルな仕組み1つで、失敗と掃除の手間が
劇的に減りました。
加熱時間はおよそ10分で、あとは泡が消えるまで
放っておくだけ。
ガラスの蓋から虹色に輝く無数の泡を見られる上、
無数のカニ穴が開く絶品ごはんがこんなにも簡単に…と
購入時は激しく感動しました。


ところが、この鍋には弱点があります。
まずは重いこと。手首が持っていかれる重さ。
土鍋なので、乾きが不完全な状態で使うと割れること。
そして、最大3合までしか炊けないこと。
どうしても使えない時が出てきてしまい、
現在はこの鍋はサブ的位置付けに降格しています。


現在、私が主に使っているのは、圧力鍋。
祖母が貸し出してくれた、アサヒの活力なべです。

オモリが鳴ったら火を止め、ピンが下がるまで待つだけ。
浸水時間ゼロでも、オモリが鳴ったあと弱火で2分加圧で
最大五合のご飯が炊けてしまいます。
レンジでチンするレトルト飯並みのスピード感に脱帽。
これには、本当に助けられています。

(浸水時間は、10分くらいあった方が美味しいです。その場合加圧時間は1分で良い)

我が家は無洗米を使っていますが、
水加減は米1カップ(一合ではありません)に対し、
水1カップ+50mlで炊いています。
新米が出回る直前はここにさらに大さじ1ほど
水を足すと良い感じ。
ちょっとやわらかめが私の好みです。


圧力鍋の大きさを利用し、余った上の空間で
同時にもう一品何かを作れるのも魅力の1つ。

画像のような圧力鍋用の三脚を使い、
米を炊くその上で味噌汁の具を下茹ですれば、
ガスも時間も大幅に節約できます。
我が家では三脚を紛失すると、おかずが一品減ります。

過去記事▶
圧力鍋での同時調理を極めたい


鍋でご飯を炊くメリットは、時間やスペースの削減に加え
原発のない社会への第一歩ともなります。

以下は、佐渡でゼロウェイストを目指す方の
魂のブログからの引用です。


*************************************

例えば、自動販売機を日本から全部なくしてしまえば原発1基分の電力が必要なくなります。
例えば、オール電化の設備が日本からなくなってしまったら、原発2基分の電力がなくなります。
例えば、日本にある電気炊飯器を全てガスにすると、原発1基分の電力が必要なくなります。
例えば、24時間営業のコンビニが今の半分になれば、何基分の電力が必要なくなるでしょう。
そして、それらの全てがなくなったとしたら、私たちは明日「不便だ」と泣くことになるでしょうか。

*******(引用ここまで)******************

引用元リンク
原発が動かなくなったら、電気は使えなくなる?「目指せゼロウェイストな暮らし」

何回この記事を見直したことか分かりません。
そして、読むたびに勇気が出てきます。
私の小さなアクションの1つが、
きっと原発のない世の中への小さな一歩に違いないと。


鍋でご飯を炊く度に、
最悪のゴミ原発に心の中でリフューズしているのです。 
我が家は即刻電力会社を変えたので、
我が家の電気は基本、原発由来のものはゼロです。


でも…食洗機からは離れなれないという
自分の心の弱さには舌打ちしたくなります。
今年の夏はエアコンにも頼りきり。
だから原発必要なんて文句を振りかざされないよう、
できることをコツコツやるしかありません。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

チルルさん、
一度試してみると、早くて旨くて洗いやすいという三拍子に首ったけになるかもしれません…うふふ。
チルルさんのブログからは、いつも思いやりが溢れれてて「はっっ」となります。ゼロウェイストに夢中になるとついつい、こういう大切なことがこぼれてしまう私です。いつも、良い刺激をありがとうございます(^^)

Re: 我が家は土鍋です

わのわさん、
作った家で使いきるためには、電池の品質アップが必要ですよね。太陽光、電池がもう少しレベルが上がったらなあと指をくわえて見ています。
土鍋で炊くご飯、美味しいですよね!パッキンも一つもないし、小さな部品もない、本当に鍋は洗いやすくて優秀です!

No title

私も炊飯器やめたいのですが勇気が…壊れたら買わないと思うのですが、まだ頑張っているのでね〜。気持だけは持っています。
ネットで色々な方の話を伺えるのは、ほんと有難いですよね。ぽこさんと同じく自分の視野の狭さにハッ!とする事が多いです。炊飯器をやめれば原発一基!心にしみますね。ん〜頑張らなきゃ!

我が家は土鍋です

こんにちは!私も土鍋です。炊飯器は何年も前に捨てました。おっしゃるとおり、ちょっと重いのが難点ですが、洗いやすくて清潔だし、美味しく炊けますよね。
エネルギーについては、私の理想は家の屋根に太陽光パネルを載せて、売電せずにその太陽エネルギーだけで暮らす、ですが、先立つものがなく・・・今は、原子力より化石燃料がまし、という暫定順位です。

Re: No title

きゃすぴえさん、
そうでした、ダム建設…(泣)多大な犠牲を払っていますね(;_;)きゃすぴえさんや皆さんとやり取りしていると、目の前の事しか見えていない自分の視野の狭さにはっとします。とても、刺激的で勉強になります。
国によって、地域によっても様々なのですね。私がリンクに載せた方は原発に詳しく、原発を動かすためにかなり多量の電力を要することを指摘しておられました。電気を作るために多量の電力を使う、それは矛盾していると。ならそもそも、原発がなければ電力需要はもっと下がるはずだと。電気やエネルギーは利権やらが複雑過ぎて、もうワケわからんです。でも、そこで思考停止しないように…少しずつ学んでいかねばと迷走しています。

きゃすぴえさんが紹介されたゴアさんの映画のように、個人がいかに生活を小さくするかが問われているように思います。

No title

インターネット、マイナスな面もありますが、こうして日本にお住いのぽこさんのお話を読めたり、いろんな方と交流できて楽しめるのはとても嬉しいです。電力使ってますが。
ケベック州の電力は水力発電ですが、お隣オンタリオは火力発電と原発だったと思いますし、州によって違うんですよ。確かオンタリオでは自家発電で余った電力は電力会社が買い取ってくれるシステムもあったはずですし、いろいろです。 
水力発電は火力よりはましですが、それでもダム建設で自然を大規模に破壊しますし、人間が生きることって地球にとっては迷惑極まりないことだなあと感じます。

Re: No title

きゃすぴえさん、
カナダは自然をうまく利用しているのですね!水力発電メインなんて、なんてクリーンなんでしょう!確かに卓上コンロのゴミは極力避けたいですものね。

本当に電気もガスも、問題が多くてどうしたら良いのか…個人的には風力発電も疑問があるし、でもだからそれを使わない生活を、と徹底できない弱さが苦しいところです。行政の生ごみ回収+バイオガス利用、なんて流れが理想的なのですが、ガスは結局CO2を出すし…きゃすぴえさんの仰るように、一般家庭は全て電気に、という流れになるのかもしれませんね。
改めて、こういう場でのやり取りは面白いです!インターネットという電気を介したやり取りに感謝です(泣)

No title

お鍋で炊いたご飯は美味しいですね。
我が家の地区にはガスは通っていないので、ガスで調理をしたい人はプロパンガスを契約していらっしゃいますが、ケベック州は水力発電で電力がメインなので、プロパンガスも都市ガスもかなり少数派です。できればガスの火で調理したいですけどね、叶わぬ夢です。卓上コンロは持っていますが、缶入りのガスを使うわけだから、ゴミになるのでしょっちゅうはできません。
日本の都市ガスはほとんどがインドネシアなど外国からの輸入だから、やっぱりエネルギー源をガスばかりに頼るのも不安があると思うんですよね。だから原発、とは絶対思いませんけれど。
風力やソーラー発電などがもっと普及すると良いと思うのですが、そうするとそのエネルギーは電力に変換して使うことになるので、炎で調理はやっぱり将来的には日本でも稀になるような気がします。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: