FC2ブログ

記事一覧

綿100素材の子ども用スパッツを作る

化繊を洗濯すると、プラスチックの繊維が下水を通過し、
海洋汚染に繋がることを知ったときは衝撃を受けました。
以来、衣服は極力、天然素材を選ぶようにしています。
裁断の度にプラスチック繊維が舞うため、
化繊のリメイクも避けるようになりました。


化繊を避けようと思うと、困るのはブラ靴下などの肌着、
そしてレギンスです。

伸縮性が求められるレギンスは、ほぼポリウレタン混。
ポリウレタンは劣化も早いので、その点でも避けたい。


ポリウレタンで痛い目に遭った過去記事:
驚愕!愛用のトレンチコートは、買ってはいけない服だった!

大人用の綿100レギンスは、なんと生活クラブで発見し、
冬のヒートテックに代わるものとして先日購入しました。
しかし、子ども用の綿100レギンスは、なかなか無い。
そもそも、子どもの動きに沿って良く伸びるように、
2才90㎝以降のズボンには、ほぼポリが入っている印象。
赤ちゃんの衣服の多くは肌に優しい綿100が主流ですが、
子ども服のサイズが上がる毎に、化繊が増える印象です


子どもたちに綿100のレギンスを…と探すこと半年。
答えは、大手手芸洋品店にありました。
綿100のニット生地、サマーセールで1m780円。
理想としていたデニム生地ではないけれど、
青地にドットなら、トップスを選ばず使えるでしょう。
この生地で4歳児用綿100のレギンスを作ります。


15337891610.jpeg

服を作るとき、毎回考え込んでしまうのが、サイズ選び。
今を可愛くぴったりに作るか。
それとも、ワンサイズ上に作って数年後に可愛く着るか。

成長著しい1~3歳の頃の「ワンサイズ上」は、
3ヶ月~1年以内の近い将来を意味します。
これなら、迷わずワンサイズ、いや時には2サイズ上を
制作することに迷いはありません。

でも、一次成長期を過ぎた4歳110サイズ、
120サイズを着用する頃には7~8才、小学生です。
4年先を見越して、今から大きなサイズで作る…?

15337891610.jpeg

やはり、私は貧乏性でありゼロウェイスター。
着せられる見込みがあるのなら、大きくつくりますとも!
120サイズの型紙を布に直接置いて、
ダブルルレットで縫い代つきの線を布に写しました。
余談ですが、このダブルルレットを手に入れてから、
型紙作りの手間が驚異的に減りました。
型紙を写して作る派の人には心底おすすめです。


15337896560.jpeg

貴重な綿100のニット生地を有効に使いきるため、
左右のズボンを別々に裁ちました。
そんなときには、生地の裏表に注意が必要です。
うっかりすると、この時の私のように、
ズボンの左側だけ4枚も作ってしまうという
大惨事になりかねません


15337902440.jpeg

必要な生地を裁ち終えました。
貴重な記事です、この変形ハギレも有効利用します。
今回は前後のパーツが続け裁ちの便利な型紙を使ったので
裁断も縫製の手間も半分で済みます。


使ったのはこの本の型紙。
意外と見つからない、シンプルなTシャツやタートル等、
普段着にふさわしい服の型紙が集まっている
超お気に入りの一冊です。
絶版でAmazonで1万超のプレミア価格になっています。
図書館で借りていましたが使用頻度があまりに高いので、
2年間根気強く探し、中古で安く手に入れました。
運良く見かけた方はぜひ手にとってみてください!


15337911940.jpeg

先の変形ハギレを継ぎ合わせて、他のズボンの型紙から
ポケットを採ることにしました。
継ぎ目が中央になるように苦心しましたが、
生地が伸びて見事に変形し、ずれてしまいました。
この生地、横への力であっという間に伸びるようです。
注意、注意…

15337918770.jpeg

思えば、木綿のミシン糸でニットを縫うのは初めて。
針も糸も変えず縫いますが、ミシンのステッチだけ変更。
ダイヤル7、白で書かれた伸縮縫いを使用します。
この変形縫い、本ミシンを購入したときに
「伸びる生地も縫えるし、端処理も不要よー」と
売り場の方から教えて頂いたのですが、
かなり伸びる布でも糸切れを起こしません。
先の本が薦めていた直線縫い+ジグザグステッチより、
伸縮縫い一本の方がずっと強力だと密かに思っています。

ただ、このステッチは縫うのに時間がかかります。
さらに、糸の消費量が多く、間違えた時ほどくのが大変!
なので、必要な箇所に一部使う程度に留めています。



15337926600.jpeg

伸縮縫いに加え、生地が丸まらないよう端を直線縫い。
時間はかかりますが、直線縫い1本より長持ちするはず。
端を直線で縫い、ジグザグ処理しなかったのは、
ほつれにくい生地だったので糸を節約したかったから。
木綿のミシン糸は貴重です。ケチりますとも。

15337926940.jpeg

裏返したズボンの中に、表向きにしたズボンを突っ込み、
股部分を縫います。
初めてズボンを縫ったとき、この構造が理解できず、
もう二度とズボンなど縫うものかと投げ出しましたが、
慣れてしまうとズボンほど早く縫えて、
手作りの粗が目立たないものはありません。
時間と費用双方でコスパ抜群です。


15337934610.jpeg

股の縫い代を片側に倒し、縫い代の端を直線ミシン。
着心地アップと縫い目の補強を目的としています。
糸が切れないよう、一番細かい目で縫いました。
15337945020.jpeg

つけ忘れていたおしりのポッケをここで設置。
左利きの我が子のため、左側につけました。
既製品のポッケはほぼ右側にあるので、
このささやかな工夫が手作りならでは、母の愛です。
例えそのポケットが活用されなかったとしても。

15337969930.jpeg

ゴムを入れて完成です。
110サイズの子どもに120の服を着せるため、
裾を2つ折で処理したとき、ゴム通し口を残しました。
裾にゴムを通せば、10㎝位の裾丈なら、
裾上げせずともそのまま着用できます。
ちなみに、ゴムは全て再利用品でまかなえました。
小さなゼロウェイストです。

15337970130.jpeg

ついでに、先日リサイクルショップで購入した、
ファミリアの120サイズのワンピもお直し。
裾を折って、ミシンの最大の目盛で直線縫いしました。

15337970850.jpeg

こんなにえげつないほど裾を上げています。
襟ぐりは狭く詰まり気味のデザインのため、
裾以外はいじらずに済みました。
上質な綿100デニムのニット生地、
こんな生地でレギンスを作りたいものです。


さあ、姉ムスメには4年先までこの服を着てもらって、
妹にもお下がりではなく服を作ってやりましょう。
所詮、中古品のリメイクですが。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

チルルさん、
ほんと、ズボンの縫い方ってなるほど!と思いますよね。ズボンの裏表を間違えて縫い合わせると、すっごく面倒なことになるので、事前の確認が必須です笑っ
七番の縫い方は、縫い代を五ミリ程度しか取れないギリギリを縫い合わせる場合にも活躍します。かなり便利なステッチなのです!と熱弁してしまいました笑っ

No title

ほ〜凄い!ズボンてそーやって縫うと良いのですか〜!知らなかった!。面白い!。その7番の縫い方も良いですね。縫う物の幅が広がります。ぽこさんの縫い物ブログ、ほんと勉強になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: