FC2ブログ

記事一覧

ゼロウェイストな「研げる裁ち鋏」購入と、左利きの鋏選びのコツ

つい2年前まで、私の裁ち鋏は裁縫セットに入っていた、
うっすら錆のついた十数年モノのステンレス鋏でした。
日常的に子ども服をつくるようになってからは、
さすがに切れない錆び鋏ではうまくいかなくなり、
1年前に意を決して買い換えを行いました。

2代目として購入したのは、ステンレスの裁ち鋏。
刃物の名産地、燕市で作られたというのが売り文句で、
1380円という安さに惹かれ生協で注文。
切れる鋏とはこうもキレイに仕上がるのかと、
当時は心底驚いたものです。
もちろん、布やヒモ以外は一切切らず、
小鳥の背をなでるがごとく、大切に扱いました。

ところが、わずか半年ほどで、2代目の切れ味に陰りが…
刃の中央部分で、どうも布が引っ掛かるのです。
厚地のデニムを切ったのが悪かったのか?
使用頻度が高すぎたのか?
大きな鋏なのに、刃先で小さく切り進めないと、
布が引っ張られてズレてしまいます。
せっかくの刃渡りが台無し、糸切り鋏で切った方がマシ!
大切にしていた鋏なのに、寿命短すぎ!!


安物ではあるけれど、まだ購入から1年の鋏。
研ぎ直せるか手芸店で相談したところ、
そもそも鋏には研げるものと研げないものがあるとの事。
安価な鋏はステンレス製だから、研ぎ直しは不可だそう。
研げる鋏は鋼製で、安くても6500円~だったのです。


なんてこと!
私の購入した裁ち鋏は、切れ味が落ちたら最期、
使い捨てるしかない鋏だったのです。

工作用の鋏なんて、小学生の頃に購入したものが
現役でスパスパ切れますから、
ステンレス刃なら間違いないと思っていました。
まさか昔ながらの鋼の方が、長持ち仕様だったなんて!


次に買うなら、絶対に研げる鋼の裁ち鋏!
でも6500円の鋏は、簡単には買えません。
切れない2代目を騙し騙し使いつつ、購入を悩むこと半年。
なんと、クレジットカードの優待1割引セール期間に、
行きつけの手芸店で、3代目裁ち鋏と出会えたのです。

15371822990.jpeg

当初狙っていた老舗「庄三郎」の鋏ではありませんが、
正真正銘、鋼の、研げる裁ち鋏。
価格は割引後4500円、1500円安く収まりました。
薄い布もぞくぞくするほど、サクっと切れます。
これまでの鋏とは雲泥の差です。

試し切りでは、老舗庄三郎との違いは分からず、
店員さんに尋ねたところ、恐らく鋼の含有量の違いだと。
鋼の配分が多い方が耐久性に優れているが、
プロのように高頻度で使う人でなければ、
両者は大して変わらないとのことでした。
裁ち鋏を使う頻度は多くても1日1回。
私はお手頃な方で充分そうです。

15371824960.jpeg

お手頃とは言え、この鋏の製造元は自信たっぷり。
こういう職人魂を垣間見る文言、かっこよすぎです。
万一不良品の際は…なんて現代では当たり前の説明書きは、
一切ありません。
なんと潔い!

15371824120.jpeg


私は左利きですが、右利きの鋏に慣れてしまい、
左利き用鋏だと布が噛んでうまく切れません。
購入したのも右利き用の普通の鋏です。

いつもは迷わず右利きの鋏を購入しますが、
今回は値段も値段、絶対に失敗したくないと、
左利きの鋏選びについて、店員さんに相談しました。
そこで初めて知ったのは、左利き用の鋏には、
刃先も柄も左仕様の「総左」と、
持ち手の柄だけ左、刃先は右利き仕様の「柄左」、
上記2種類があるそうなのです。


なぜ柄だけ左という、左右のミックス仕様があるのか。
それは、私のような右利きの鋏に慣れた人のためだそう。
右鋏に慣れた左利き者は、鋏を握り込むようにして
鋏を使う癖がついてしまっています。
そうなると、いわゆる左利き用の「総左」の鋏は、
布が噛んでうまく切れません。
握り込むことで、刃先が開いてしまうのだそうです。

しかし、右利用の鋏は右手で快適なように作られていて、
左利きが握ると、持ち手のあちこちがぶつかります。
右手のために作られたカーブが骨を直撃するのです。
特に鋼の裁ち鋏は持ち手もオール金属製で、
手の骨への痛みは結構なもの。
そこで刃先は右利き仕様、持ち手だけ左利きに合わせた、
「柄左」「足左」という鋏が使いやすいのです。


私も右鋏しか使えない人間、
同じ右鋏ユーザーの店員さんが持っていた「柄左」は、
これまでの鋏観を覆すほど快適で、驚きの一言でした。
切っても切っても、手が痛くないのです。
右利きの人にとって、鋏ってこんなに快適だったの⁉

問題はただ1つ、「柄左」めっちゃ高いのです。
6500円の鋏の柄左バージョン、12000円。
「総左」はもっと高額です。
価格は2倍になるのに、刃の品質は同じ。
それなら、12000円の右鋏を購入したい…


非常に悩みましたが、結局私は普通の右鋏を買いました。
手芸を生業にするなら、「柄左」を迷わず選びますが、
私は1日1回、長くても鋏を使うのは15分ほど。
多少骨が痛くても、6500円安く済むなら…
普通の鋏で頑張ります…



こんな経緯を経て、
我が家に研げる右用の裁ち鋏がやってきました。
もう一生、鋏は買い直さないつもりです。


左利きの鋏選びは、初めて鋏を手にする幼少期に、
左利き鋏を与えられるかどうかが重要です。
右利きの鋏しか使えない左利き者は、
刃の当たる裁断面が見えないため、
どうしても鋏で正確に裁つことが苦手になります。

左利きの子どもを持つ親御さん、
どうか初めての鋏は、右手用の鋏ではなく、
左利き専用「総左」を選んであげてください!
大人になってから「総左」に慣れるのは大変なのです。
不器用な左利き者の心の叫びでした…




後日、ネットで探してみたら、
研げる鋼の柄左鋏、5000円以下で発見しました!
手芸店では店舗で売った鋏しか研がないと
話していましたが、近所に研屋がある場合は、
ネットで買うのも1つかもしれませんね。

[NO300-1] 美鈴 左手用 柄左利 240mm (ネコポス不可・ゆうパケット不可) ≪送料無料≫


因みに総左は一万は軽くオーバー…
でも、左利きの我が子には、
いつか高価な総左、買ってあげますとも!
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

チルルさん、
缶切り、一家に1つあれば良いものなので、両方使えるユニバーサルなものが定番になれば一番良いのですが…ね。子どもが料理を手伝ってくれるなんて、夢のようであこがれます!お嬢さん、これからが楽しみですねー(*^^*)

No title

あるのですか〜包丁!。有難う御座います!。気を付けて見てみます!。
最近お料理を手伝ってくれるので気になっていました。缶切り!確かに不便!。思い出したのですが昔缶を側面切っていたコトがありました笑。使い方を間違ったと思っていたのですが、あれは切れなかったのですね〜可哀想なことしました。缶切りもハンズあたりだと左利きがあるかもですね〜。何かと不便があっても あまり言わないので気が付かないこと多くてね。娘だけが左利きなので一家で気が付かないのです汗。おいおい、また何かあったら教えて下さると助かります。

Re: Re: No title

チルルさん、
思い出しました、いまだにどうしても使えないものが、缶切りです!缶切りの必要な場面は少なくなりましたが、それでも年に数回困ります。缶切りは本格的に料理をするようになったら、あると便利かもしれません。

Re: No title

チルルさん、
包丁、あるのですよ利き手!!片方だけ研いであるタイプの片刃の包丁は、左手で使うとかわむきの作業が難しいのです。一大決心で研屋で購入した高価な包丁が、使いにくいことに気づいたときはもうショックでした…。例えばグローバルのように両刃の包丁なら問題なく使えます。
お玉、あれも不便ですよねー!あとゲルインクのボールペンとか。お子さまが使いやすい良い道具と出会えるといいですね。同じ左利きとして祈っています!

Re: 左利きです!

わのわさん、
右利きの鋏、痛いですよねー!柄左の鋏の握りやすさは、もう心底感動しました。道具ってこんなに人間に合わせて作られていたのかと。予算が許せば購入したのですが、予算の倍額は出せませんでした笑っ
保険金之証、しぶくてかっこいいですよね。こういうものづくりを貫いて作られた品物に出会えて、本当に幸せです。

Re: No title

きゃすぴえさん、
私も同じく、はみ出し派の子どもでした!特に小学生は、はみ出してしまうと押し戻されそうになって窮屈だった記憶が…あれは日本ならではなのですね。
世界は右利き仕様で、駅の改札やら自動販売機やら、定規やがま口、学習机の引き出しの位置やらリモコンのボタンやら、何かと左利きはぎこちない思いをするのですよ。不器用な人間だと思っていたけど、ひょっとして環境のせい…?と気づいたときは衝撃でした笑っ左利き者は事故死も多いのですって。麻痺などで利き手を切り替える人は、きっと苦労も大きいだろうと思います。
公共の場に二種類の鋏、良いですね!!子ども時代に自分に合った鋏を手にして、うまく切れる体験を我が子にはさせてやりたいものです

No title

子供が左利きで、左利き用でも色々な種類があるのですね〜。いつか買い直してやらなくては!と思いました。どちらが手に馴染むのか試さないとダメですね〜。子供は私の包丁を使うのですが、左利き包丁なんて言うのもあるのですかね。家にあるお玉が汁物を流しやすく口が付いているのですが、それも左利きには不便なようで、右利きの私にはわからない細かな不便が沢山あるようです。時々立ち止まって気を付けて見ていないといけないと反省です!。

左利きです!

私も左利きです。左利き用のハサミが上手く使えない感じ、よくわかります!普通の裁ちばさみが骨に優しくない感じも。そんな、右利き慣れした左利き用のハサミがあったなんて、知りませんでした。何事もよくよく調べて吟味して買うぽこさまの姿勢に脱帽です。
あと、新しいハサミの古風な「保険之証」に心を鷲づかみにされました!

No title

ぽこさん、左利きなんですね。私は集団行動が多い日本社会において多くの条件が平均値からはみ出てる子供だったので生きにくい思いをしたんですが、利き手は右利きでハサミで苦労することなく過ごしたので、左利きの方達の苦労には思いを馳せることなく、当たり前のように思っていました。しかも、左利きの人にとって左利きのハサミが使いづらいことがあり得るなんて知りませんでした! 子供の頃から気軽に使えるように、右利き用と左利き用のハサミがどこにでもおいてある環境を作るの、そんなに難しくはなさそうですよね。高級ハサミは無理にしても、工作で使う程度のものならね。
それにしても裁ちバサミを毎日、、さすがぽこさん。私はきっと、数ヶ月に一度、、、。笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: