FC2ブログ

記事一覧

塩蔵わかめ一袋から、乾燥わかめと天然塩をつくる

海産物はできるだけ安全なものを購入したいと願い、
放射能自主検査を徹底している生活クラブに
お世話になっています。
ところが、加入して半年間ずっと探していますが、
生活クラブでは乾燥わかめを購入できません。
たっぷりの塩分で保存性を高めた、塩蔵わかめしか、
取扱がないようです。


塩蔵わかめ、文句なしに美味しいです。
美味しいのですが…味噌汁のタネや混ぜご飯の具に
ちょっと悩んだ時に瞬時に使えないのが難点。
行き当たりばったりで家事に追われる私には、
サッと入れるだけの乾燥わかめが救世主なのです。

そこで…今回は購入した塩蔵わかめを、
丸々乾燥わかめに加工することにしました。
もちろん、わかめから揉み出した塩も無駄にしません。
定番となりつつある、わかめから塩を取り出す技で、
乾燥わかめと共に激ウマ天然塩も手に入れます。

過去記事▶塩蔵わかめから塩を取り出す


過去記事▶塩蔵わかめから塩を取り出す

まずは、多量のわかめを水をほどほどに張った中鍋で
しつこく丁寧に揉みます。
後から水分を飛ばすことを考えると、
塩を流すための水は極力少ない方が良いです。
わかめをしっかり絞ったら、次はもっと少ない水の中で、
再度すすいでぎゅうぎゅう絞ります。
わかめの方は、ひとまずこれで完成です。
ハンガーに引っかけて、湿度の下がってきた屋内で、
じっくり乾燥させます。


続いて造塩です。
先の中鍋に2回目のすすぎ水も流し込み、
中火で根気強く煮詰めます。
アクをたまに取ってやると、仕上がりがきれいです。


今回は一度に加熱する水分が多量のため、
加熱にはかなりの時間を要しました。
じっくり加熱すること1時間、
パチパチと塩が跳ねるような音が鳴り始めたら、
火力を落として程よいところで火を止めます。
早めに止めて余熱を利用すると粗塩調の大粒に、
ちょっと焦げ目がつくまで待つと、
砕いたときに粒子が細かくなり、さらさらの焼き塩に。
今回は早めに火を止め、粗塩にしました。
料理の仕上げにパラパラ振るには、焼き塩が便利です。

15390708730.jpeg

200gの塩蔵わかめから、合計45gの塩を取りました。
これだけの塩があれば、我が家は3ヶ月は持ちます。
早速お昼ご飯のチャーハンやポテトにパラパラと。
この塩、わかめの旨味やミネラルが含まれるためか、
甘味が強くて本当に美味しいのです。
沖縄のぬちまーすや雪塩にも負けないお味です!
手間を負う価値はあるなと、毎回味見でうっとりします。

本体のわかめは2日目にはカラカラに乾いていました。
細かくパチパチと鋏でカットすれば、
いつでも使える乾燥わかめの完成です。

乾燥わかめの完成品を買うと、
少量のくせに厚手のチャックつきプラスチック袋入りで、
毎回歯ぎしりしていましたが、
塩蔵わかめなら激ウマ天然塩も手に入る上、
市販のそれよりパッケージも少なくて済みます。
たぶんこれからも、定期的にやります、乾燥わかめ作り。


余談ですが、
塩水を煮詰める時には鉄の中華鍋を使っていましたが、
今回ステンレスの中鍋を使用し、乾いた塩の結晶を
取り出す作業がかなり楽になることに気づきました。
コツは、塩の水分が飛びきらないうちに、
へら等で鍋の側面にこびりついた塩をこそげてしまい、
加熱中の鍋底に落としてしまうことです。
鉄鍋は熱の伝わりが早くすぐにこびりついてしまいますが
ステンレスの鍋は底に水分がなくなった段階で
鍋側面の塩を落としても、こびりつきなく簡単でした。
厚手かつ底面の広い鍋で加熱することが、
塩を取り出す時のポイントかと思います。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

きゃすぴえさん、
ゲットされましたか!!それは、きっとたのしい週末になりますよ!わかめ塩で食べる野菜とか、めっちゃ美味しいです(*^^*)もう乾燥わかめより塩が主役になっているような、おかしな感じですが笑っ
わかめはあっという間に乾きますので、案外塩より手がかからないですよ!今我が家は、部屋の角につるしておいて、使うときにパチパチときっています。たまにそのままかじっておやつにしてみたり笑っ

No title

塩蔵ワカメ、先週末韓国食材店の前を通り過ぎるチャンスがあったので、早速買って来ましたよ!この週末に早速塩蔵ワカメ塩、挑戦するつもりです。ワクワクしております。とはいえ、この記事を読むまで(というか、実際に塩蔵ワカメを手に入れるまで)はワカメの方の保存法など考えてもおらず、そうか、塩抜きしちゃったらそのままで置いておくことはできないんですよね〜。
思いの外手間がかかりそうな円蔵君ですが、頑張ってみる所存です。笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: