記事一覧

1パック150円!本まぐろののアラを食べ尽くせ!

魚のアラが好きです。
ぶり大根はアラで作るものと思い込んでいましたが、切り身で作る方が多いと知って驚きました。
私は目玉も入るし断然アラ派!

まぐろのアラ、大体が血合部分ですが、OKストアで安いと大盛一皿100円。
回転寿司のサラダ巻きの価格で一週間楽しめます。  

まず、初日は生で!
そのまま生で食べると筋が気になるので、一部を取り分けたあと醤油とみりんをドボドボかけて、漬けまぐろにします。
数時間置くと調味料をしっかり吸い込んだ、軟らかジューシーな漬けまぐろの完成です。
私は醤油2みりん1の塩辛めの漬けが好き。

3日くらいは生で、それ以降は加熱して食べます。
漬けなら一週間美味しく楽しめます。
大安売りで超大盛の血合でも、楽しく食べきれます。

取り分けた一部の血合は、その日のうちに塩コショウでステーキに。
まぐろのステーキは安い牛に勝ります。

もし真っ赤な血合の間に、ピンク色のぷりぷりの肉が見えたら大当たり。
それが腹の部分ならトロです。
スプーンであばら骨から肉をこそげおとせば、まぐろの中落ちの出来上がり。
刻んだりせずそのまま肉塊を残して刻みネギと混ぜると、ジューシーなネギトロになります。


漬けまぐろを食べたあとの調味料、活用に迷っていました。
味噌汁にいれたら生臭くてかなわない。
飲むわけにもいかない。
そこで加熱してみたところ、血液のたんぱく質が固まって、ぷりぷりのムース状になりました。

これが美味いこと!
勝手にまぐろのレバーペースト風と名付けて、色んなものに混ぜたり塗ったり活用しています。
納豆に混ぜると激ウマです。
パンに塗ってこんがり焼くと、フレンチの前菜?と勘違いするほどのうまさ!
加熱したものをショットグラスに入れて、そのまま冷蔵庫で10日は美味しく食べられました。

まぐろのアラは骨が大きいので、取り分けることも容易です。
子どもにも小骨混入を恐れずに安心して与えられます。

こんなに食べても150円。
節約の神です。
小さな発泡トレーにぎゅうぎゅうに詰められているので、他の肉や魚よりも圧倒的にウェイストが少ないのもお気に入り。


休日は男性が買い物につきあわされるからか、刺身やサクが充実します。
そんなときはスーパーのアラコーナーをチェック!真鯛や天然ぶり、本マグロの叩き売りコーナーと化しているはず。
午後だと売り切れてしまうので、休日の午前に行くのがベストです。

大トロ入りの本マグロに出会った日には、回転寿司の値段を思い浮かべて食べるとしあわせになることまちがいなし。




ゼロウェイストホームには、ゼロウェイストレシピが盛りだくさん!↓

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す節約DIY系ゼロウェイスターです。

お金のかからないこと大好き!お金をつかうのも大好き!
リメイク・ミシンが趣味で一日中手を動かしています。
節約第一主義だった私。日々プラスチック入りの食品とバラ売りの食品を天秤にかけて悶々と悩んでいます。
小さなことからコツコツと…どこまで減量できるかな。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん