FC2ブログ

記事一覧

エコなはずの布おむつ、オムツカバーから発生するマイクロプラスチック

布おむつ歴6年目。
上の2人は、おむつカバーは国産の老舗エンゼルが活躍。
新生児期から3ヶ月まで対応できる大きめ設計なのに
(小さめの2番目は10ヵ月、3番目は7ヶ月まで活用)
他のおむつカバーより圧倒的に漏れにくく、
すぐ乾くので一番頻繁に使っていました。

定価は1枚2500円以上で超高級品ですが、
中古市場では新品未使用品が選び放題。
長女の時から累計10枚は購入していますが、
価格は180円~600円で調達できました。
新生児のおむつカバーは、中古市場で全く困りません。



しかし、3人目の赤ちゃんを育てる今は、
エンゼルのおむつカバーとは距離を置いています…
理由は、撥水加工のポリエステル製品だから。
撥水加工は毎日の洗濯で確実に劣化し、
ウエストのマジックテープも粘着力が弱まります。
数ヵ月の酷使でお下がりに回せる品質を維持できず、
中古品を「累計10枚」も消費することになったのです。
ポリエステルは、化学繊維ゆえ、洗濯の度に繊維が落ちて
大量のマイクロプラスチックを海洋に流すことに…
洗濯が命の布おむつ育児で、これは致命的です。
ゴミを減らすために始めた布おむつで、
海に恒久的に回収不可能なプラスチックをばらまく…
悲しすぎます。





そこで、おむつカバーは、原点のウールに回帰。
今使っているのは、ディサナのウールのベルクロタイプ。
元々は足回りにはゴム編みが施されていましたが、
あっという間にゴム編みは伸びきりました。
はっきり言って、新生児のゆるゆるうんちは
結構な確率で漏れていました。

しかし、ウールという素材は優れもので、
赤ちゃんのお尻が圧倒的に蒸れにくい!
しかも、目の詰まったウールのおかげで、
おしっこは横に流れなければまず染み出さない。
うんちが付かない限りは、洗濯も不要。
うんちが付いたリブ部分のみ、ちょいとつまみ洗いのみ。
ウールの抗菌自浄効果のタマモノです。
結果、漏れても洗濯すればいいやーで
このオムツカバーばかり使っています。
新生児サイズですが、小柄な息子は半年以上経っても
今だにSサイズで事足りてしまいます。


15700712450.jpeg

さて、長くなりましたが本題です。
毎日大活躍のディサナのオムツカバーが、写真右。
何年前のものなのか、
長期保管の未使用品を中古で購入しましたが、
マジックテープ部分の粘着力が急激に弱まってきました。
しかも恐ろしいことに、マジックテープの硬いオス部分が
根元からポロポロ抜け落ち始めたのです。


15700712820.jpeg

指先に小さな白い欠片をつまんでいますが、
これがマジックテープの毛足部分です。
テープの柔らかい方に何本も刺さった状態で抜けていて、
この異変に気づきました。
確認のために、まだ生えている突起を爪で引っ張ると
ポロポロと根元から抜け落ちてしまいます。


うわっ……
ここにもマイクロプラスチック発生です。
マジックテープが、こんな風に劣化していくなんて、
想像もしていませんでした。


15700713280.jpeg

こちらは、画像左側の国産オムツカバー、シンクビー。
5年前、長女の時に新品で購入したものの、
使い勝手がエンゼルに劣るため、
あまり使っていませんでした。

今回、活用しようと引っ張りだしたら、
なんと横漏れ防止ギャザーに使われていた防水加工が
ボロボロ劣化して剥がれ始めていました。
指先で拭うだけで剥がれ落ちるため、
洗濯したら一発でアウトでしょう。


15700725570.jpeg

解体して内側の防水シートを確認すると、
やはり内部では激しく劣化を認めました。
5年前に購入した古いものなので、
新品はこうはならないでしょうが、
それでも少しずつ劣化は進んでいくはずです。

エコなはずの布おむつのオムツカバー。
プラスチックのパーツや生地を使うことで、
こんな風にマイクロプラスチックが産み出されるなんて…
衣服のマイクロプラスチックによる環境汚染を目の前に
非常にショックを受けました。



15700718410.jpeg

ともかく、ディサナのオムツカバーは
マジックテープ部分の修理が必要です。
このオムツカバーはまず洗濯しないので、
しっかりしたマジックテープに付け替えれば、
差し迫ったトラブルは解決されるはず。

繊維が抜け落ちないよう注意しながら、
リッパーで丁寧にほどきました。
私の裁縫箱は中古の漆塗りの文箱ですが、
蓋をひっくり返すと解体時に便利な繊維入れになります。
白の繊維を見落とさず、静電気も発生しにくいので、
ゴミ箱に捨てるときも便利です。


15700728100.jpeg

移植するマジックテープは、もう入らなくなった、
ウールのオムツカバーから採ることにしました。
これは5年前にリサイクルショップで1枚180円だった、
赤ちゃん本舗のウールオムツカバー。
老舗ニシキの製造したものです。
化繊のタグは劣化してほつれ、
ここでもマイクロプラスチックを産み出していますが、
このオムツカバーは他より作りが良いです。

15700728430.jpeg

5年前に中古(未使用品)で買ったのに、
足ぐりギャザー部の防水加工、一見劣化は認めません。
シンクビーとはえらい違い、耐久性に差があります。

15700736060.jpeg

これは赤ちゃん本舗のウールオムツカバーのテープ部分。
3人の子どもに使ったオムツカバーにも関わらず、
マジックテープ部分も一見劣化はありません。

15700733650.jpeg

ディサナのオムツカバーから外したテープ部分は、
オスのフック部分が伸びきっていたり、
抜け落ちてまばらになっていたりしています。
強度が落ちたのは、そのためでしょう。
赤ちゃん本舗のものと比較して、違いは歴然です。


15700769390.jpeg

赤ちゃん本舗のマジックテープを移植して、お直し終了。
粘着力が増し、再び使えるようになりました。

シンクビーのオムツカバーは、
マジックテープはまだ元気だったので、
取り外して次女のオムツカバーへ付け替え。
劣化した本体部分は可燃ごみで廃棄しました。


使い捨ての紙オムツと比べて、
プラスチックのゴミが出ずエコな上、経済的な布おむつ。
しかし、カバーの素材とその耐久性は
メーカーによって様々だと勉強しました。

メーカーには、どうか耐久性と、海洋プラスチック汚染、
持続可能性を考えた良質なものをつくってほしい。

そして私は、今後マジックテープに頼らない、
プラスチックを最小限に抑えたオムツカバーを
リサイクルウールで作ってみようと決意しました。
自分なりに、一番ましな選択肢を
常に探していきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

cherryさん、
やはり、金属スナップですかね!あれが外れる所は見たことが無いですものね。プラスナップ、専用の器具を持っていますが、それでも外れることがあるんです。既製品もたまに外れるし、やはり使わないに越したことは無いのかもしれませんね…

おお、布パンデビュー!おめでとうございます!床掃除、壁際とか家具のそばでされると大変なんですよねー。でも、急に覚醒する日が来ますよ。そして、紙オムツの子達より、きっと早いと思います。楽しみですね!!
我が家は3人目、おまるにかざすとうんちをきばるようになってきて、おまる育児が楽しくなってきたところです。次女はほとんどおまるをする時間がとれず、うんちもずっとオムツでする習慣がついてしまい大変だったので、3人目は何とかがんばりたいと思っています…笑っ

Re: No title

チルルさん、
そうなのです、すごく迷惑な劣化の仕方で、メスに刺さったものをピンセットでツンツン抜いて片付ける羽目に…きっとモノによるのでしょうが、きっといつかはこうなる運命なのでしょうね。便利ですけど…

オムツカバーのマジックテープ、毎日酷使するからかすぐ劣化しますよね!私の母が、娘に沢山手作りのオムツカバーをぬってくれたのですが、マジックテープがすぐだめになり、はがしてスナップをつけました。うちにはスナップをつける打ち具がなく、セリアのプラスチックのワンタッチのものを使用していましたが、プラスチック製な上に、力を入れると取れてしまい、取れると誤飲しそうなサイズで、やはり初期投資して金属のきちんとしたスナップをつけたほうがよいなと実感しました。。

ちなみに、わがやのおむつなしは相変わらず不発で、大もここ数週間キャッチできていませんが、布おむつ(わがやでは古Tシャツを6枚ほど重ねて作った成型おむつの二枚重ねです)にしみた大量オシッコをゆすぐのが面倒で、最近は布パンツにしてしまいました。もちろんもれたら床をふかなくてはなりませんが、布パンツはゆすぐのが楽&すぐ乾く&おむつ卒業してもずっとはけるので、便利かなと思っています。夫は毎回の床掃除に辟易していますが。ぽこさんの娘さんのようにお昼のおむつが早く外れるといいなと期待していますが、道は遠そうです。

No title

マジックテープの劣化に初めて注目しました!。気がつきませんでした。
なかなか迷惑な劣化の仕方をするようなので我家のスキーウエアも確認しようと思いました。 マジックテープの無い時代 その部分はどうしていたの?と疑問に思ったのですが、疑問を感じるほどマジックテープは長く生活に浸透しているのだと思いましたよ〜。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽこ33

Author:ぽこ33
ゼロウェイスト(ゴミゼロ)の考え方に強く共感し、特に脱プラスチックを目指す、非オシャレ節約DIY系ゼロウェイスターです。

変態的気質を生かし、とことん泥臭いゼロウェイストを追求しています。

リアルではゼロウェイスト仲間に飢えています。ゼロウェイスターの先輩方のブログをせっせと探しては、勝手に仲間だと思っています笑
気軽にコメント頂けると、もんのすごく喜びます。

ほうもん

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: